サッカー

たくさんの笑顔のために!

今年の元日は、天皇杯決勝を現地で観戦しました。

結果は負けでしたが、行けてよかったです!

監督、選手、スタッフの皆さまに感謝です!

なんとも言えない悔しさを味わった選手たち。

玉田選手も泣いていました。

優勝をかけて戦うことの大きさ。

選手として、チームの一員として、

目標を達成しようと。

リアルなイメージが出来たからこその悔しさ。

あの日の負けがきっと、素晴らしい未来へとつながっていく。

そんなことを思いながら、移籍選手の事を見ていたら

広野選手の引退のコメントを今更ですがしっかり読みました。

広野選手のプロ生活は、決して華やかではなかったのですよね。

今年はリーグ戦で素晴らしいプレイを見せてくれただけに

引退は凄く残念です。

常に準備をしてきたからこそ、まるでいつもリーグを戦ってきたかのようなプレイが出来るんだな~っと思います。

素晴らしい選手でした。

影での努力。苦しみは人知れず。。。

プロになっても、11人にはいる事って本当に難しい事なんだ。

キャリアを積めば入れるわけでもない。

ましてや、日本代表なんて。

この前は家族の話をしましたが、

選手の皆さんは、ピッチに立てない選手を背中で感じながらプレイしているのですよね。

玉田選手のブログで

こんな言葉がありました。

『死ぬ気で頑張りたい・・』

いろんな人の思いを乗せて戦うってのは凄いプレッシャーだと思います。

でも、それを喜びにしてピッチで戦って。

きっと今年は素晴らしい年になります!!!

素晴らしいサッカーを魅せてください!!!!

そして、ぜひともたくさんの勝利を!!!

そして、たくさんのゴールを!

そして、そして、たくさんの笑顔を!!!!!

| | コメント (0)

いよいよ!

いよいよです!

ワールドカップまで!

えっと~~~あと何日!?

ということで、ここはこのブログも始動せねばという感じで書いてみた(^_^;)

まずは、遅ればせながら

『玉田圭司選手、結婚おめでとうございます!!!』

ゴール後のこぶしを作って、喜びを表し、

全身笑顔って感じの

無邪気な姿を見ていると

いまだに24歳の玉田選手を思い出します。

でも、本人も語るように

ベテランへと。

そんな中で、家族が出来たのは本当に大きなことですよね!

家族って、恋人と違って

目線はみんな外に向いている。

でも、しっかり背中で家族を感じているんだね。

外のものと立ち向かう時

背中に家族を感じてる。

その暖かさがあるから外を向いていられる。

男の人は守るものが出来たって思うのかな?

でも、

それだけじゃなくて

背中に感じること。

あ~守られてるんだ、とか

あ~ささえあってるな~とか。

玉田選手もきっとそんなことを感じて

この過酷なプロ生活を乗り越え

輝ける一日一日を過ごしていくんだな~と思います!

2010年は、素晴らしい年になりますように!

そして私も子育てを楽しみながら頑張りますぞ~~~~!!!

すべての人の健康と幸せを祈って

2010年!始動!

| | コメント (0)

久しぶりの更新。。。

開幕して、ブログを書こうと思ったら

あっという間に時がたってしまった(~_~;)

そして、今年も名古屋グランパスと、玉田選手は、輝いております~~~~!

日本代表にも定着していますしね!

明日は、バーレーン戦。

勝ってくれ~~~!!!!!

話は変わって

WBC。

勝ちました!!!

野球はほとんど見ないけど

最後2試合は見ていました。

チームがひとつになるって素晴らしい。

でイチロー選手。

『このチームにはキャプテンはいらないんだ』

この言葉に感動しました!!!

本当に偉大な選手は、こうやって後輩と目線を合わせてくれる。

肩を並べてくれる。

そこに偉大さを感じる後輩たち。

玉田選手も、言っていましたね。

自分が代表に来たとき。年上の人たちが声をかけてくれたのが嬉しかった。

だから、僕もそうするんです。(こんなんだったかな???)

カッコいいです。。。

私も・・・・自分がされて嬉しいこと。

どんどんしてあげよう・・・・。

| | コメント (0)

福西選手引退・・・(T_T)

福西選手が引退表明をしました。

なんだか・・・すごく悲しい。

2004年、日本代表に夢中になった。

激しく強いボランチとして福西選手はピッチに立っていた。

得点力も素晴らしく、器械体操で培われたボディーバランスで

滞空時間の長いジャンピングヘッドでの得点。

ジャンピングシュートでの得点。

今でも鮮明に覚えている。

ジュビロでの優勝の経験!

そんな福西選手が、この2シーズン移籍。

福西選手は、去年の終わりに戦力外ということが決まっていた。

その時から考えていたのだろうか・・・そうならば・・・・こんなに残酷なことはない。

最後の試合・・・・レッドカード。

正直審判によっては、流したであろう。

素人だから分からないけど、だから余計につらい。

きっと・・・

自分では最後と決めていた。

きっと自分が出来ること全てを出そうとしたに違いない。。。。

自分のサッカー人生を、サッカーする姿を。。。。

あの試合に・・・・。

とっても残念だけど

サッカーは引退しても、その経験と仲間と、素晴らしい感動は消えない。

もっと見たかった選手。。。。ピッチで。。。。

でも、きっと前向きな引退だと思うから

応援します!今度は新しいチャレンジを!

| | コメント (0)

お~~~神様!!!

ちょっと、書きたい事soccerがたくさんあるのですがsweat01

今日はちょっと、出かけるので

後日ゆっくりと・・・

でも、一言『玉田選手!グランパス!監督!サポーター!最高です!』

スポニチ・・・こちら

岡田監督も選出の理由を初めて口にし、「去年は試合に出ていなかったけど、だいぶ前から良い選手だということは知っていた。開幕戦(京都)も良かったが、きょうも良かった」と絶賛。ストイコビッチ監督も「きょうのパフォーマンスにも満足。私も(玉田が)選ばれてうれしい」と喜んだ。

同じく・・・こちら

名古屋のストイコビッチ新監督が、監督として初勝利をマーク。しかも過去5戦勝ったことのない埼玉スタジアムでアジア王者の浦和を破った。「人生の中でも忘れられない日になった。それは皆さんもお分かりでしょう」と笑顔の意味を説明した。

スポーツ報知・・・こちら

前を向けば仕掛ける。岡田監督が望むものを玉田は持っている。前半9分。スライディングでDF堀之内からボールを奪うと迷わずドリブル。左サイドでボールを持てば縦へ仕掛けて折り返し、決定機を作る。得点には絡まなかったが「勝てて満足している。点が取れれば最高だったが、チームに貢献できた」浦和を撃破し笑顔だった。

・・・・岡田監督は玉田について「今日一番良かった。ああやって自分で仕掛けられる選手が代表には必要なんだ」と前監督の前で絶賛したという。

 「だいぶ前からいい選手と分かっていた」という岡田監督。札幌、横浜M時代に自身の下でコーチを務めた名古屋のハーフナー・ディドGKコーチにも2週間前から玉田の状態をチェックしていた。オシム前監督はドイツW杯メンバーの玉田を呼ばなかったが、岡田監督は「前(オシム体制で)も呼びたかったとコーチも言っていたが、昨年は試合に出ていなかったから(呼べなかった)」とオシム・ジャパンでも実力は認められていたことを明かした。

と・・・ちょっと時間がないので・・・この辺で・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がっかり・・・

こんなことは・・・こんな言葉は書かないようにしていましたが。。。

さすがに。。。

なぜ今日、玉田選手が出なかったか・・・・。

玉田選手には、個人で状況を打開するドリブルという武器があるのはもちろん。

見方を生かすプレイや、絶妙なスルーパス、アイディアがあります。

そして、足元の巧みさ。

怪我明けから、守備にも貢献してきました。

本当に調子もいいと思います。。。

レフティー同士の本田選手との連携もかなり面白いです。

なのに。なぜなのでしょう。。。。

決して出ている選手の否定はしません。

ただ、監督の中での玉田選手の順位が低すぎることに不満があります。

正直、今期中間ぐらいから名古屋の試合はちゃんと見ていましたし

応援もしていましたが・・・

玉田選手が使われないなら、出場機会を求めて移籍して欲しいとさえ思っていました。

サッカー選手にとって今の年齢は経験も生かし実戦を積むべきです。

サッカー選手にとって試合に出ることが全てだと思う。

今思うことは試合に出て欲しい。

それだけです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

無駄な涙はない。

今日は、私の変化について書こうと思ったのですが

ちょっと、横浜FCの降格の瞬間を見まして・・・・

つらいですね。。。

でも、サポーターの最後までの声援!選手の気持ちに心を打たれました。

終了後も、ずっとコールを送っていたサポーター。

どんな時も・・・・

素晴らしいな。。。大きな何かを学んだ・・・そんな気持ちでした。

ある選手は泣いていました。

今まで、湧き出てきて止まらない涙を何回流したことがあるだろう・・・・

この経験は無駄じゃない。

それだけの思いは・・・

その涙は決して無駄にならない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりですが。

久しぶりの更新で、

前半戦を振り返ると・・・

開幕当初、玉田選手は好調だった!

練習試合でも、ゴールを決め

ハットトリック!

大爆発の予感さえしていた。

でも、主力として使われることはなかった。

ただ、玉田選手はどんな試合でも変わらない!

ベストを尽くす。

で、ナビスコでも本当に良い動きを見せていた。

ただ、ナビスコカップ鹿島戦のときの、足をかばい痛がる姿が今でも浮かんでしまう。

あの時の痛がり方は異常だった。。。

ただ、交代もなく走り続けた。。。

その後、ベンチに座る事無く中断期間になってしまった。

前半、コンディションは悪くない。後は監督が決めること。。。

この言葉。。。

この言葉を、中村選手からも聞くことになる。

そして、グランパススタジアムで、インタビューに答えている。

先日、中村選手にインタビューさせていただいた。
コンディションは全く問題ないにも関わらず、
試合には出られないという現実―。
こうした状況でのインタビューは少し気が引けたが、
中村選手が今どういう心境なのか聞いてみたかった。

決して気持ちのいい状況ではないはずの中村選手だが、
僕の質問に丁寧に答えてくれた。
口数は多いといえないが、ひとつひとつの質問に誠実に応えてくれる。
中村選手はいつもそうだ。
こういう中村選手の人柄も僕は大好きだ。

「自分のプレーが悪かったとは思っていない」
その言葉からは、与えられた役割の中でこなしてきた自分自身のプレーに対する自負が伝わってくる。
「こういう時こそ強い心を持たなければいけない」と中村選手は静かだが力強く語ってくれた。

こういうときこそ、強い心を!

玉田選手は多くを語る選手ではない。

きっと、自分の実力を信じ

強い心で耐えてきたのだと思う。

そして、今も

強い心で・・・・・。

正直な事を書くと、

玉田選手や中村選手が、ベンチ外というのはありえないと思っている。

これは、今の主力の選手より優れていると言う意味ではなく

ただ、ベンチに座っている選手ではないという事。

選手をどう生かすか。。。。

ガンバ大阪は強い。

監督の采配も当たる。

あそこは、選手を固定しているようで

攻撃の選手は、コンディションや戦術によって

コンスタントに変わる。

その交替する選手が最大限に力を出せる環境での交代。

スタイルを保ちつつ。

監督の采配が、さじ加減が

チームの流れを変える。

名古屋は

今は良い結果が出ていない。

問題はそこではないか。。。

決定力はもちろんだが、それはどこのチームも、言えること。

問題はどうやって勝ちきるか。

フレッシュな選手を入れるタイミング。

はっきりとした選手交代。

後半戦。

監督の采配に注目したい!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

久しぶりに!

引越しも、一段落。

で、久しぶりにニュースを見ていると

謹慎10日…神戸が三浦アツ“追放”・・・スポニチ

2004年のアジアカップから、サッカーに熱中しだした私としては、この三浦選手の存在は大きかった。

あのフリーキックは魅力的だが、

何よりリーダーシップ。

控えメンバーと主力メンバーのバランスを取っていたのは、この選手ではなかったか。

これは代表においてだけではなく神戸にとっても大きかったと思う。

そして、チームに対する思い。

ただ、そんな三浦選手の重いとは裏腹に、怪我後の構想外と、監督のとの確執に・・・・。

きっと、神戸のサポーターは三浦選手の神戸復帰を祈っている事でしょう。

ただ、選手にとって

必要としてくれる場所があること。自分の居場所・・・。

そして、信頼関係が築けている事。

それが一番大切なのだと思う。

もし、三浦選手が不信感を抱いてしまったならば、やはりそこにとどまる事は難しいのだと思う。

一人のサッカー選手として、『試合に出続けたい。』『信用され、必要とされたい』『力になりたい』

そんな思いを実現できるチームが見つかるといいと、

心から思います。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

ナビスコ・・・

e2スカパー・・・・ナビスコ見れないんですよね・・・(汗)

せっかくなんだから、Jの試合みんな見れるようにして欲しいな~

今回は、凄い得点が入った試合が多かったようですね!

新潟VS名古屋はスコアレスドロー。

で、ちょっと見に行きたかった柏VS横浜FMは柏が勝ちました。

と、昨日はサッカーではなくボクシングを見ていました。

で・・・そのあとは卓球・・・。

昨日はスポーツ三昧でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧