« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

やりました!!!勝ちました!!!

うわ~~~すごい、良いスタートがきれています!!!

やることはハッキリしている!!!

開幕からは

もちろん結果が必要ですが

何より内容が良いこと。

チームの方向性が決まっている事!これが重要なんだと!

で、今の名古屋はしっかりとスタイルを見つけて

そこからレベルアップを、目指しています!

形が決まらないまま勝ってしまっていた

去年とは違います!

これなら、たとえ負けた試合のあとでも

しっかりと分析をして修正できるでしょう~~~!!!

で、監督の言葉にはしっかりそれが見えています!

試合後ストイコビッチ監督のコメント・・・こちら

決定的な部分で決められなかったところはありましたし、もし決めていれば2点3点というのがあったと思いますが、前半は良かったと思います。

もちろん選手をねぎらい、この勝利をこころから喜びながらも

しっかりと、色んなシーンを分析し、

更にレベルアップのために、この試合を次に生かしてくれるでしょう!

本当に、3点・4点と決められるチームになるのでは!!!

これからも、楽しみです!!!!

こんな最後まで攻め続け、決して諦めないサッカーを見せてくれるなら

きっと、全ての人が名古屋のサッカーに魅了されるでしょう!!!

まだまだ、やべっちや、スーパーサッカーでは

流されぎみですが・・・・

そんなのはどうでもいいです!

今に見てろよって感じですか!

で、昨日はもう一つ!!!

待ちに待った

ゴ~~~~~~~~~~ル!

がありましたね!!!

あれは足の裏ですか?

素晴らしかった~~~~!!!

玉田ライダーキック弾!・・・スポーツ報知

W杯アジア3次予選バーレーン戦(26日)では8分間の出場にとどまり、完敗。「切り替えて臨んだ。まずはクラブが大事」と落ち着いて話した。

 勝ち越し弾を決めたMFマギヌンとのコンビは強力な攻撃パターンとなった。「ブラジル人は面白い動きをするから楽しい。オレも、じいちゃんがブラジル人だからね」と玉田はジョークにも切れ味を見せた。

玉田今季初ゴール・・・スポーツ報知

玉田のゴールに満足・・・時事ドットコム

MFマギヌン『カニダンス』・・・ニッカン

ネットが揺れると、すぐにゴール裏サポーターに向かって前所属の川崎F時代と同じゴールパフォーマンス「カニダンス」を披露し盛り上げた。

 「これからも、もっと(ダンスを)できるように頑張りたい」。ブラジルから来日した祖父母が観戦する試合で、頼もしい姿を披露した。

カニダンス!見れませんでしたがやってましたか!

う~~~録画をみなおしてみよう~~~~~!!!

とにかく、選手!監督!サポーターが輝いていました!

一つになりましょう!どんな時も!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けちゃった・・・

う~~~ん。何かが違う・・・・

最近の戦い方と違う・・・。

パスも繋がらず。

攻撃の形にならない。

玉田選手も、もう少し早くいれて欲しかったな・・・。

本当に好調に見えたし

う~~~ん。

ちょっと、もやもやの残る試合でした。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ!!!!

代表に復活した玉田選手が見れます!

ドキドキしますね・・・・

世間の期待も、すごく感じちゃいます!

最近早く寝るようにしてましたが

今日は、夜更かしです!

早くお風呂に入らなくっちゃね!

新しい記憶を次々と刻んでくれますよ!!!

頑張れ!ニッポン!!!!

頑張れ!玉田圭司!!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お~~~神様!!!

ちょっと、書きたい事soccerがたくさんあるのですがsweat01

今日はちょっと、出かけるので

後日ゆっくりと・・・

でも、一言『玉田選手!グランパス!監督!サポーター!最高です!』

スポニチ・・・こちら

岡田監督も選出の理由を初めて口にし、「去年は試合に出ていなかったけど、だいぶ前から良い選手だということは知っていた。開幕戦(京都)も良かったが、きょうも良かった」と絶賛。ストイコビッチ監督も「きょうのパフォーマンスにも満足。私も(玉田が)選ばれてうれしい」と喜んだ。

同じく・・・こちら

名古屋のストイコビッチ新監督が、監督として初勝利をマーク。しかも過去5戦勝ったことのない埼玉スタジアムでアジア王者の浦和を破った。「人生の中でも忘れられない日になった。それは皆さんもお分かりでしょう」と笑顔の意味を説明した。

スポーツ報知・・・こちら

前を向けば仕掛ける。岡田監督が望むものを玉田は持っている。前半9分。スライディングでDF堀之内からボールを奪うと迷わずドリブル。左サイドでボールを持てば縦へ仕掛けて折り返し、決定機を作る。得点には絡まなかったが「勝てて満足している。点が取れれば最高だったが、チームに貢献できた」浦和を撃破し笑顔だった。

・・・・岡田監督は玉田について「今日一番良かった。ああやって自分で仕掛けられる選手が代表には必要なんだ」と前監督の前で絶賛したという。

 「だいぶ前からいい選手と分かっていた」という岡田監督。札幌、横浜M時代に自身の下でコーチを務めた名古屋のハーフナー・ディドGKコーチにも2週間前から玉田の状態をチェックしていた。オシム前監督はドイツW杯メンバーの玉田を呼ばなかったが、岡田監督は「前(オシム体制で)も呼びたかったとコーチも言っていたが、昨年は試合に出ていなかったから(呼べなかった)」とオシム・ジャパンでも実力は認められていたことを明かした。

と・・・ちょっと時間がないので・・・この辺で・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名前がある・・・・

3月26日(水)にバーレーン・マナマで行われる2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選のバーレーン代表戦に臨む日本代表メンバーが決定.

【選手】
Pos.
氏名
国際Aマッチ
(英字表記)     生年月日  身長/体重  所属 出・得

■GK:
川口 能活
KAWAGUCHI Yoshikatsu 1975.08.15 180cm/77kg ジュビロ磐田 113/-102

楢崎 正剛
NARAZAKI Seigo    1976.04.15 187cm/80kg 名古屋グランパス 53/ -56

川島 永嗣
KAWASHIMA Eiji    1983.03.20 185cm/80kg 川崎フロンターレ 1/ -1

■DF:
中澤 佑二
NAKAZAWA Yuji     1978.02.25 187cm/78kg 横浜F・マリノス 72/ 13

駒野 友一
KOMANO Yuichi     1981.07.25 172cm/76kg ジュビロ磐田 32/ 0

水本 裕貴
MIZUMOTO Hiroki    1985.09.12 183cm/72kg ガンバ大阪 3/ 0

安田 理大
YASUDA Michihiro   1987.12.20 173cm/65kg ガンバ大阪 3/ 0

内田 篤人
UCHIDA Atsuto     1988.03.27 176cm/62kg 鹿島アントラーズ 6/ 0

■MF:
稲本 潤一
INAMOTO Junichi    1979.09.18 181cm/75kg アイントラハト フランクフルト(ドイツ) 68/ 4

羽生 直剛
HANYU Naotake     1979.12.22 167cm/63kg FC東京 17/ 0

遠藤 保仁
ENDO Yasuhito     1980.01.28 178cm/75kg ガンバ大阪 63/ 5

中村 憲剛
NAKAMURA Kengo    1980.10.31 175cm/67kg 川崎フロンターレ 21/ 1

鈴木 啓太
SUZUKI Keita     1981.07.08 177cm/67kg 浦和レッズ 26/ 0

阿部 勇樹
ABE Yuki     1981.09.06 177cm/77kg 浦和レッズ 27/ 2

山瀬 功治
YAMASE Koji      1981.09.22 173cm/70kg 横浜F・マリノス 7/ 5

今野 泰幸
KONNO Yasuyuki    1983.01.25 178cm/73kg FC東京 17/ 0

山岸 智
YAMAGISHI Satoru   1983.05.03 181cm/77kg 川崎フロンターレ       10/ 0
      
■FW:
高原 直泰
TAKAHARA Naohiro   1979.06.04 181cm/75kg 浦和レッズ 56/ 23

玉田 圭司(※)
TAMADA Keiji    1980.04.11 173cm/67kg 名古屋グランパス 41/ 10


巻 誠一郎
MAKI Seiichiro     1980.08.07 184cm/81kg ジェフユナイテッド千葉 29/ 8

田代 有三
TASHIRO Yuzo      1982.07.22 181cm/77kg 鹿島アントラーズ 3/ 0

※玉田選手は、2006FIFAワールドカップドイツ(2006年6月)以来、約1年8か月ぶりの日本代表選出。

【スタッフ】
■団長:
大仁 邦彌
DAINI Kuniya 【(財)日本サッカー協会 副会長】

■監督:
岡田 武史
OKADA Takeshi   【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

■コーチ:
大木 武
OKI Takeshi 【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

大熊 清
OKUMA Kiyoshi   【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

小倉 勉
OGURA Tsutomu   【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

■GKコーチ:
加藤 好男
KATO Yoshio    【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

[岡田 武史監督コメント]
「今回の遠征メンバーは、代表チームの大枠のグループとして入っている約35名前後の選手から、対戦相手・現地の気候・グラウンドの状況・選手のコンディションを考慮して21名を選んだ」

ちょっと・・・・・・

言葉が見つかりません・・・・

また後日感動を・・・・書きます・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

エースと監督の良好な関係

玉田輝きを再び・・・中日

名古屋グランパスのドラガン・ストイコビッチ監督(43)が11日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで、FW玉田圭司(27)とマンツーマンの反省会を行った。京都との開幕戦(8日)を引き分けたピクシー監督は、プレー内容を高く評価している玉田に、攻撃のリーダーになる期待を込めて、意見を交換した。

 午前の練習を終えた後、ピクシー監督が玉田を呼び寄せた。芝生の上で、通訳を介して2人だけの反省会が始まった。

 「京都戦での私の意見を伝えた。玉田のプレーにはポジティブな印象がある」

・・・・・・・中略・・・・・・・

「期待すればするほど乗っていくタイプ」(クラブ幹部)という一面は、現役時代のピクシーと似ている。自らの経験から、いいチームの条件に「エースと監督の良好な関係」を挙げるピクシー監督が、玉田に攻撃力だけでなくチームの推進力を期待する。

玉田、輝きを再び!!!

なんて素敵な言葉!!!

そう!これからなんです!!!

期待すればするほど乗っていくタイプ!

本当にその通りですよね!

監督は、すでにそれを見抜いているのでしょうか。

で、ポジティブなプレー!

これは、勝手な判断ですが

前向き=攻撃的なプレイ!

全てが攻撃に繋がっていこうとするプレイなのではないかな・・・。

守備も、攻撃に繋げる為の守備!

なんだか、本当に嬉しいです!

名古屋へ移籍してから

前監督のスタイルを、やろうとした。

「今まで、自由にやらせてもらった(移籍前)これからは、決まった形の中でどれだけやれるか・・・」

たくさんボールに絡んでリズムを作る玉田選手ですが

与えられた

慣れないポスト役をつとめたり、ワントップも器用にこなした。

でも・・・それなのに・・・

去年・・・どんなに短い時間でもそのチャンスを生かし、

結果を出した・・・・それでも・・・・

与えられる時間は増えなかった。。。

「もともと持っているものが優れている」そんな言葉をよく耳にしていた。

そんな、玉田選手。。。。

でも、今年!

こんなにも、うれしい記事が見れるなんて!!!!

もちろん、プレッシャーはあると思いますが

日本代表として、とても大きなプレッシャーを力に変え、戦ってきた経験と

去年の悔しさ。

過去の全ての経験は、未来のため!更に輝く為のもの!

出会いは必然!

そう思うと、ピクシーとの出会いも、名古屋に移籍したときから決まっていたのかな!

なんて運命的なものさえ感じてしまいます。

本当に、ファンとしても辛い日々だったけれど

これだけでは終わらないという思いが消えることはなかった。

それは、玉田選手のどんな時も前向きな言葉。

信じてきてよかった!

よし!!!これからです!!!

これから!玉田圭司の時代がやってくる!!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

やばい・・・おもしろい・・・

ちょっと、遅いのですが

開幕戦!!!

面白かった~~~~!!!

当日は出産準備クラスというものがあり、リアルタイムで見られなかったので、

次の日録画を見ました!

結果はわかっていましたが、本当に面白かった。

去年の試合で、勝った試合でもここまでの満足感はなかった気がします!

もちろん、1―1という結果には満足できませんが!

去年と違い、選手たちは生き生きと動き回っている感じがしました。

後半が心配になるくらいに・・・・

去年のサッカーは、セフ監督の言葉。

「良いポジショニングをしていれば動く必要がない。」

「パスを出した選手がその場からいなくなってしまう。」

「自分のポジションを守って・・・規律を守って・・・ポゼッション」

本来の意味は違うのかもしれませんが

その言葉はやがて選手から、自由や、創造性を奪っていった・・・。

単調な攻撃。

イレギュラーな相手の出方に戸惑うDF。。。

結果的に

相手の出方を見ながらのリアクションサッカーへ・・・そして、自分達のサッカーを見失う結果に繋がった気がしていました。

が、

今年は違う!

攻守、全員で戦う姿勢が

見方を意識し、お互いの動きを見ながらの連動性が生まれ

意思統一の果てに

なんと攻撃時には4~5人の選手が前線にいるではないですか!

サイドを使っての攻撃から、ペナルティーエリアでの仕掛けやクロス!

細かいパス回しをして、DFを崩しシュート!

たくさんのバリエーション!

これは、見ている人ほとんどが、もっともっと良くなると感じたのではないでしょうか。

そして、監督の選手を信じているという言葉と、試合中の熱さとは逆の冷静な選手交代。

失点後、あせる事無く内容をしっかりと把握していた所なんて

初めての監督とは思えませんでした!

で、やっぱり嬉しかったのは

玉田選手!

ここからは、贔屓目での発言です!(苦笑)

もう!

ペナルティーエリアでの仕掛けや、恐さは健在!

見方へのパスも拍手もの!

そして、更にゴールへの執念が今まで以上に感じられ

玉田選手の胸トラップ⇒ヨンセン⇒小川⇒キーパー⇒ポスト!

そして、ここにつめた玉田選手の姿に今後のゴール量産の予感がしました!

次を感じること!一つ先をイメージすること、ゴールをイメージしたプレイが全体でできてきているのが本当に嬉しかった。

で、何より感動したのが、

組織的なサッカー、ボールを奪われたらみんなでとりにいく。

決めきるという強い心!

フェアプレイなど。

監督の一つ一つの言葉をしっかりと実践している玉田選手が見えたこと。

これは、試合後に監督も語ってくれていました。

『玉田も良いプレイを見せてくれました。私の事を100%信用し、ピッチ上でのプレイを見せてくれました。後は、運があればゴールを決められたと思います。』

この、100%信用したプレイ!つまり、監督が練習中に指示している事を

ピッチ上で表現した。

玉田選手のパスが敵に渡り、攻撃の選手にわたりそうになった時

ハイスピードで自ら下がってとりに行き、体を大きく当てる事無く

選手とボールの間に入ってボールを奪ったシーンなんて

感動ものでした。

そして、ポストに当たったボールにつめていたところ!

ゴールという結果には結びつきませんでしたが

ゴールにこだわる姿勢も感じていますし、玉田選手の個人技が組織力となって機能していることがすごく嬉しかった!

今後は、やはり研究されてきたりと

難しい試合もあると思いますが

きっと、スタイルを保ちながら

チーム力と個人技の融合と想像力で戦って

どんどん強くなってくと信じています!!!

次節は浦和戦!

頑張って名古屋のサッカーを見せて欲しいです!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ばくばくします!

玉田選手が数字目標をあげました!・・・中日

自慢の左足がさえ渡った。サイドからの攻撃練習で、玉田が次々とゴールネットを揺らす。「気合入っているよ。良い準備もできたね」。2日後に迫った開幕戦に向け、臨戦態勢を整えた。

 名古屋移籍3年目。「自分を追い込むためにね」と、玉田はあえて公約を掲げた。「自分が毎試合、決めるという感じでやる。得点は最低2ケタ、アシストも同じくらいだね」。10得点10アシスト。数字目標を口にしたがらない。その禁を破ったことに、不退転の決意が込められていた。

―省略―

 「自信を持っている。開幕? 楽しみだね。(心臓が)バクバクしている」。胸躍る心境とはこのことだろう。やり残したことはない。08年シーズン、玉田が完全復活を果たす。 (島田明)

そして、昨日サッカーダイジェストをちょこっと立ち読みしてきました。

ごめんなさい!

今日買うと思いますので・・・

で、その中で前園氏が、FW得点王について書いていました。

で、そこには高原選手や大久保選手の名前もあったのですが

何より、『個人的に期待しているのは名古屋の玉田』

と!!!!

もともと持っている技術の高さや、切れのあるドリブル!なんてことも書いてあり

ニコニコしながら本屋を去りました。

前園選手ももう一度玉田の活躍を見たいと!

もう一度ではなく何度でも!!!!

この、期待に答えて

玉田選手はきっとピッカピカに輝いてくれるはずです!!!!

開幕!!!!私もばくばくします!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

練習試合・・・

3月1日は、マリノスの要望で非公開試合だったようです。

で、結果は0-2で負けました。

でも、どうでしょう!!!!

選手監督のコメントを読むと、凄く良い準備ができてるようですよね!

前向きなコメントを見ると本当にワクワクします!

あの試合で結果を求める必要もなく

自分達の練習の成果が見えることが目的ですから

監督の満足しているというコメントが全てだと思います!

まず、攻撃面で理解をより深めたいと語っていた監督が

理解してくれたというコメントになっています!

あとは、

それを続けるだけですものね!

で、失点ですがミスからのようです。

でも、かえって失点せず開幕にのぞむ方が恐かったかもしれません。

とにかく、前向きに頑張っていきましょう~~~!

で・・・気になる玉田選手の途中交代ですが、

コメントでも触れていないのと、監督も

後半戦で何人か交代して全員試合に出れたことと言っていますから

大事をとっての交代だと思っています。

が・・・やっぱり心配なわけで・・・・

と・・・そんな時

玉田選手のブログ更新!

特に、触れていないようですから

少し痛めたとしても影響はないと思って

とにかく、頑張って応援するつもりです!!!!

もうすぐ開幕!!!

楽しみですね~~~~~!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Jリーグのキックオフカンファレンス

グランパスの広報日記!

で、Jリーグのキックオフカンファレンスに、監督と玉田選手が参加した様子、

モバイルではコメントが載っていますね~!

で、J’GOALでの写真

玉田選手・・・こちら ストイコビッチ監督・・・こちら

玉田選手の写真は少しピントがあってないのが残念ですが(^_^;)

ゴールに期待してください!という、内容はもちろん結果にこだわる今年の意気込みを感じます!!!

そして、これ!

インタビュー動画・・・こちら

良いですね~~~~!!!

もう、後ちょっと!!!!

楽しくなってきました~~~~~!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »