« ナビスコ・・・ | トップページ | いよいよ、引越しもラストスパートです!が・・・・ »

久しぶりの更新!

久しぶりに、玉田選手について語ります!

我らが、玉田圭司選手について!

そして、その特徴であるドリブラーについて語りたいと思いました!

昔の記事だが、今取り上げて見たい。

なぜ、いまそう思ったか。

この前、前園選手がテレビに出て、ドリブラーを育てたいと言っていた言葉に共感したから。

・・・・

・・・・

時代によってドリブラーは、評価が変わる。

パスサッカーが主流になれば、必要ないとさえ言われてしまう。

ただ、ドリブルがあるから、ワンタッチが生きる。

たとえば・・・パスサッカーオンリーを見ていたら、ドリブルしろよ!って思う。

ペナルティーエリアで、ゴール前で、近い選手へのパスの選択をすれば、仕掛けろよ!って思う。

やっぱり、どんな時代にも必要なんだ。

前園氏の2006年のブログでも、書かれている・・・こちら

そして、この記事↓

決してパスサッカーを否定はしているわけじゃない。

ただ、ドリブラーを否定してはいけないって事。

ドリブラーをいかに育て、いかに活用するか・・・こちら

U-23日本代表の攻撃には、田中達也が欠かせない。日本代表のハンガリー戦、攻撃の中に効果的なアクセントをつけていたのは交代で投入された本山雅志だった。殊勲のチェコ戦で際立っていたのは久保竜彦、玉田圭司のプレーだった。いずれも要所にドリブルを絡めたプレーがポイントになった。こうしたプレーのできる選手を絶え間なく生みだす環境づくりを進めたいものだ。 しかし、育成年代の現場を見渡すと、危機感を感じる。ボールを受けたらすぐにサイドに振り、サイドの選手は間髪を入れずにアーリークロスを入れる、などというパターンサッカーが小学生にまでも浸透しているからだ。ストライカーキャンプに選抜された日の丸をつけるレベルの若手でさえも、ペナルティエリアの中でパスをつなぐことを考えている。そもそも、ドリブルかパスか、という選択の善し悪し以前に、自分の頭で考え、判断しない選手が量産されているように見えることが問題なのかもしれない

ドリブラーは育成が難しい。

そんな現在の貴重なドリブラーを、どう活用するか・・・。

ドリブラーと一言で言っても、タイプが違う。

右利き、左利きの違い。

後は、直線的なドリブル突破の田中達也選手。フェイントを入れる玉田選手。単純に左利きと右利きの違いもあるが、スタイルの違いも明らか。

ドリブルとは多彩で、非常に特殊な能力。

ただ、

今期、玉田選手のプレイは、なかなか見れない。

杉本選手とヨンセン選手のコンビネーションを監督が評価し、今はサブという立場。

現状は厳しい。

ただ、スタイルは変えて欲しくないんです。

いや、こんなこと私が書かなくっても、スタイルは変わることはないと思う!

スタイルは変えたくない・・・これは玉田選手の言葉。

柏時代も、出場機会に恵まれない時代があった。

でも、その時も自分のスタイルを信じてやってきた。

監督によっては、ドリブルは効率が悪いと批判することもあるだろう。でも、信じて貫いてきた。

改めて感じるんです。貴重な選手であること。

もちろんファンだからですけど。

もうすぐ、骨折も治る頃ですね!

すぐ実戦復帰は難しいかもしれない。しかも、使われるか分らない。

でも、絶対に魅せてくれます。

大切に守ってきたスタイル。玉田圭司らしさ。

決して失って欲しくない。

引越しで、ブログの更新が進まない中、どうしてもこの言葉を書きたかったんですね・・・。

今の辛い状況はもうすぐ終わる。

玉田圭司選手の華麗なるスピードとドリブルが見れる!もうすぐだ!

|

« ナビスコ・・・ | トップページ | いよいよ、引越しもラストスパートです!が・・・・ »

玉田圭司」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪
ブログのタイトルにあるように、「Yurikaの視線」のコメントに嬉しくなりました。
多くの方が感じているように、玉田選手のケガのその後の情報が全くないですよね。他の選手の情報はあるのに…。

ホント、ドリブラーが観たい!!!
玉田圭司が観たい!!!
前園氏が語っている番組★私も、うなづきながら見ていました。
システム重視の監督がいると、なかなかドリブラーが育たないと…。でも前園氏は、局面を打開するワンパク小僧みたい選手も必要だと…そんな事を訴えていたような気がしました。
話題にあがったのは、家長選手と水野選手でしたが。
玉ちゃんだって☆まだまだ、やってくれますよね!
代表に、俊輔やイナや浩二くんや高原が揃うと何故かそこに玉田選手も置いてあげたくなります。
想像するだけでワクワクしてきて、華があって重量感があって♪~♪
カズダンスが老若男女をトリコにしてサッカー人気が高まったように、魅せるプレーも大事な要素だと思いますが。


投稿: リモージュ | 2007年5月31日 (木) 09時35分

お久しぶりです。

ドリブラーとうのは今もこれからもサッカー選手に
とってはすごく重要ですね。
もちろん日本サッカーにとっても!
はっきり言って今はそう天才ドルブラーはいませんね。
昔は色々いたんですけど。
海外のチームには多くの天才ドリブラーがいますからね。
日本も追いついて行かないと。

投稿: RED11 | 2007年5月31日 (木) 19時58分

>>リモージュ様

コメントありがとうございます!
お~~~!あの番組!見ましたか~!
私も、今この時期にドリブラーについて語っていたことに心が動かされたんですね~!

うんうん、おっしゃるとおり。もちろん戦術やシステムは重要ですが、真面目な選手ほど、
ガチガチになってしまうのだと思いますよね!!!

ドリブラー!時に強引な攻めはやっぱり魅力!
やっぱり、好みもあるんでしょうね~。
そう!まだまだ、玉田選手もやってくれますよ!!!!
楽しみに待ちましょうね!!!


投稿: yurika | 2007年6月 1日 (金) 00時34分

>>RED11様

コメントありがとうございます!
そうですね!海外では本当に若い選手が
活躍していますよね。

ドリブラーを上手く活用すること!それが一番重要なんだと思います。

純粋なストライカーが少ない中、サイドアタッカーをうまく使うこと。
どうなっていくのでしょうね・・・

そうだ!達也選手、復活しましたね!
これから、楽しみですね!

投稿: yurika | 2007年6月 1日 (金) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37152/6608240

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの更新!:

« ナビスコ・・・ | トップページ | いよいよ、引越しもラストスパートです!が・・・・ »