« 負けた・・・ | トップページ | ブラインドサッカー »

次こそは・・・

手痛い一敗・・・日刊

「チャンスを作れていなかった」と話すフェルフォーセン監督は、後半開始からDF竹内を下げFW津田を投入。今季の布陣「3-5-2」をリーグで初めて崩し「4-3-3」に移行。それでも攻め手がないと見るや後半32分までに須藤、吉村の両MFを投入。3選手の交代に伴い3度布陣を変更して仕掛けたが「空回り」。2列目の山口、金が前線に絡む好調時の攻撃パターンがカゲをひそめ攻めあぐむ結果となった。

 リーグ初の完封負け。MF山口は「先に1点取られてしまったことが大きい。こういう引いて守る相手からは、先に1点取って、出てきたところを2点3点と取っていく戦い方じゃないと」と顔をしかめた。MF藤田は「試合の中で1点は“事故”のように入ってしまうこともある。1点以上は取れる攻撃力がないと」と険しい表情を浮かべた

セフ監督コメント・・・こちら

Q:前半は大宮の守備陣もグランパスのFWにプレスをかけられないように見えたが、後半はそこを突けなかった。それはなぜか?
「どういうチームでも相手がコンパクトな守備をしていたら、攻めるのは難しい。今日はシンプルな攻めをするしかなかった。それでも後半は1度しかチャンスを作れなかった」

●ヨンセン選手(名古屋):
「今日は相手が下がって守っていた。そういう中でも攻撃していかないと。今日以上に攻めないといけない。簡単にボールを失っているのが問題。シンプルにやるのがうちのサッカーだから。でも今日はチャンスを作るのが難しかった。マークしていたDFも競り合いに強くて、私がヘディングしても点が取れなかった。ゴールにつながらず残念」

●櫛野亮選手(名古屋):
Q:失点したシーンは?
「あれを一番警戒していた。どうして相手に対して出て行けないのかなと思った。ケアしないといけないのに。でもあれはやられた。大宮のやりたいサッカーをやられてしまった。先に点を取って守るという形でね」


●藤田俊哉選手(名古屋):
「次、勝つことに集中したい。これまでどうやって勝ってきたか、もう一度、考えてやらないといけない。簡単なミスが多かったし、勝つためには貪欲さを出さないといけない」

そうですね、次に勝つこと。

攻める手段が見つからない・・・。

攻撃力・・・攻撃のバリエーション。

今目立っているのは失点だけれども、

一番の課題は・・・藤田選手の言う攻撃の爆発力でしょう。

次に勝つこと!しっかりと修正して勝ちましょう!!!!!

悪い流れは、勝利でしか変えられない!!!

頑張れ!グランパス!

※つぶやき・・・・・藤田選手の攻撃的特徴を生かせるポジションにしたり・・・本田選手のトップしたとか・・・

やり方は変えちゃダメなんだね!もうしばらく我慢だね!

|

« 負けた・・・ | トップページ | ブラインドサッカー »

名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37152/6099127

この記事へのトラックバック一覧です: 次こそは・・・:

» 中村獅童(34)と女優、竹内結子(26)が離婚 [中村獅童(34)と女優、竹内結子(26)が離婚]
中村獅童と竹内結子がついに離婚! [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 12時14分

« 負けた・・・ | トップページ | ブラインドサッカー »