« デザインを変えてみました | トップページ | 負けた・・・ »

サッカーマガジンを見て・・・

サッカーマガジンを買ってきた

首位争いをしているグランパスの監督!

セフの記事だ!と思い買って来ました。

で、楽しみに読みましたが・・・・。

内容は・・・

私にとっては・・・悲しかった

※お詫び・・・ここからはとり方によっては、少しだけ、セフ監督の批判的なコメントになってしまうのかもしれません。ただ、素人の私の勝手な感想である事を、理解してお読みください。

サッカーダイジェストを読んで

今までの戦いの、流れや動きも、全て監督の言葉から答えが出たきがした。

それはいいんです・・・。

まずは、少しだけ抜粋して・・・。

『いいポジションにいれば無理に動く必要はない』
インタビューは4月5日に行われた
ピッチ内での動きをきっちりオーガナイズする事がゲームをする上で一番重要な要素となる。自分に与えられたゾーンの中できっちり守備をし、攻撃時もスタートポジションから自分の特徴を生かす事が大事だと思っています。
・・・省略・・・
それはパスを出した選手が入り去ってしまう事です。
日本人選手に動けば良いという認識があるのか、いいポジションにいるにもかかわらず、動き去ってしまうのです。だから、いいポジションにいる、あるいはフリーポジションにいるなら動く必要はない。
・・・省略・・・
ピッチには各選手が均等に配置されている事が重要だと思います。みんな気持ちが高まって色んなところに動き回れば、ハイテンポでパスを回してコンビネーションを取っているように見えますが、それはテンポのいい攻撃とはいえない。
・・・省略・・・
また、あくまで私が言う事は基本的な規律ですから、そこから先は、選手達が創造性をもってやらねばいけません。
・・・・省略・・・
1対1の時に華麗なテクニックで勝負できる選手ばかりを創造性のある選手と言うわけではないのです。
もし、10人の人に創造性豊かな選手は誰かと聞いたら、
おそらくは藤田や小野や玉田といった選手が上がるのではないでしょうか。でも、それが合ってるとは言えません。
・・・省略・・・
今までの、試合の印象の理由がわかった。
第5節、中村選手の動きについて解説の方が
『中村選手が右サイドで待っているのが気になりますね・・・』
そうなのだ、
でもそれが監督の指示なのだ。
フリーポジションにいるなら、動かなくていい
玉田選手が、下がってくる事がなくなったのも、
縦横無尽に動き、
少し下がり目からスペースへ飛び出す動きも
なくなった理由がわかりました。
ボールが動いて、人も動くサッカーではなく・・・
極端に言えば・・・ボールのみが動けばいい
決められた場所で仕事をこなす。
もちろんそれは規律であって、想像力でスタートポジションを守りながら動き出すのだろうが・・・。
で、気になったのは良くない現象として、パスを出した選手が走り去ってしまうと、監督が話す事だ。
つまり、パス&ゴーの事だと思うのだが・・・
守備的なチームやスペースのないときに効果的にも思うパス&ゴー。
・・・・フリーランニングや、DFをひきつける動きも必要ないのかな・・・そんな事はないか・・・。
私はこのプレイが結構好きだ。
マークを振り切ってスペースへ走りこむ・・・。
でも、読んでみて・・・
やっとわかった気がしたのです。
攻撃面で、もっと連携があればいいのにと思っていた私、素人の理想と、
監督が意図としてやっていた事が違っていた。
見たいサッカーと少しだけずれていた事が。
監督の言う、
色んなところに動き回れば、ハイテンポでパスを回してコンビネーションを取っているように見えますが、それはテンポのいい攻撃とはいえない
そうか・・・私はテンポのいい攻撃じゃないものを見たかったみたいだ・・・
そして、実際、グランパスはこの戦術が浸透し結果を出している。
しっかりと勝ち点を奪い上位に位置する。
監督の思惑通り、前半ボールポゼッションにより
走らされた相手と、走らなくてすんでいるグランパスの選手と
運動量の差が出る。
そうなって、後半から得点を入れていく。
なるほど・・・!
ボールが動いているのに、疲れないと言うわけだ。
素晴らしい戦術なんだ。
逆に弱点と言えば・・・
形が決まっているからこそ、ナビスコでメンバーが変わると巧くいかなかったりしたわけだ・・・。
ただ、ポジションを教われば、難しい事ではないのかもしれない・・・。
これからの試合は、こういったことを踏まえてみることが出来る!
でここまでは良かったんです。
監督のやりたいサッカーを理解し、勝つための戦術だと言う事も理解できたわけですが
・・・・
・・・・
でも、
でも、
悲しかったんです。
何が、悲しかったかって事・・・。
1対1の時に華麗なテクニックで勝負できる選手ばかりを創造性のある選手と言うわけではないのです。
もし、10人の人に創造性豊かな選手は誰かと聞いたら、
おそらくは藤田や小野や玉田といった選手が上がるのではないでしょうか。でも、それが合ってるとは言えません。・・・・
この文章・・・。
監督は今までインタビューなどで、選手の評価をこういう場(インタビュー)ではなすことは私のスタイルではありませんと語ってきた。
なのに、なぜ藤田・玉田・小野の名前を挙げて
創造性が豊かと言うのはあっているとは言えない。つまり、創造性がないと語ったのか。
プラス評価ならまだしも・・・・
例えそれが事実であっても、チームの選手の名前を出して欲しくなかった・・・。
わからないのが・・・
グランパスのチームの選手の中での批判なのか、Jリーガーの話なのか・・・。
チームの選手の評価を語らないスタイルなら、藤田・玉田を出すべきではないし・・・
グランパスの選手の中の話なら、他のチームの選手の小野を出す事でもない。
例えて言いたいのなら
オシム監督のように、時限の違うバルサとかを例えるべきじゃないかと・・・。
断っておきますが・・・私が、玉田選手のファンだからそう思うのかもしれないんです。しかも、藤田選手も、玉田選手も、色んなパスを出す事の出来るチャンスメーカーとしての能力や、センスを評価しています・・・
だから、
監督が大切に扱うべきチームの選手の名前を挙げたこと・・・
悲しかったんです。
着いていこうとしている監督に、マイナス点の指摘材料として、自分のチームの選手ではなくスター選手のように名前を挙げ、否定された活字を見る、当人達。
藤田選手や玉田選手は、どう感じたか・・・。
受け入れるべきかもしれませんが・・・読んだ直後・・・
指揮官の記事はチームの選手は見るだろうと思うからこそ
悲しかった。
活字とは、時に本当に伝えたい事と違った事を伝える事がある・・・。
だから、監督の真意とは違ったのかもしれないんです。
信じたくない文章だった・・・・
だからと言って、
監督の全否定はしません!
二人には・・・
監督の評価を覆してもらうしかないわけですし・・・
しかも、
実際チームはこの戦術で機能している!
素晴らしい戦いを見せてくれています。
今日の試合、
各選手のポジショニングに目を向けて見てみようと思いました!!!

|

« デザインを変えてみました | トップページ | 負けた・・・ »

名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

Yurikaさん、はじめまして。
私もサカダイのセフの記事読みました。
個人名が出ていた所は私も少しショックでした。
でも、セフが雑誌で、自分のチームの選手を悪く言うとは考えられ
ないので、これは「技術のある有名選手」の名前をあげたのかな?
と思ってます。
ところで、タマは今日の試合のメンバーに入ってないですね。
怪我が心配です。
今日は大事な試合ですよね。連敗したらだめです!
今日は津田君に出番があるといいですね。

投稿: YOKO | 2007年4月14日 (土) 12時59分

読ませていただきました。
う~ん。正直選手の技術とかは評価してると思うんですが
セフは何が言いたかったのか・・・
マスコミなどが天才などはやしたて騒いでるほどその選手は
ずば抜けているのではなく他のたりないところもあるんだよって
言いたかったのかな~?
文章で書くと人それぞれ受け取り方が違うと思うのでこのコメントは
私でさえ疑問なので流して読んでくださいね。

マスコミの批判とかは何書かれても(ふんっ)って感じですが
さすがに監督がとなると・・・もう少し選手のこと考えてもらいたいかな?まぁ私が玉ちゃんファンだからそう思うんでしょうね。

生粋のグラファンの方に聞いてみたいですね。セフ流考えを・・・

投稿: yoshimi | 2007年4月14日 (土) 13時42分

>>YOKO様

コメントありがとうございます!
はじめまして!!!!

そうなんですよね・・・
そう思いたくなくって、何度も読みました・・・
前後とか(汗)
杉本選手を褒めるための比較かと思うのですが・・・。
どうせなら、
オシム監督が巻選手を褒める時のように、
バルセロナの選手とかにして欲しいです・・・(汗)
同じチームの選手と比較して欲しくなかったな~。

そうなんですよね、
ナビスコで足を痛めていたようですね・・・
試合を見ていないのでわからないのですが、
数字だと、90分出ていたようだから大丈夫かな~って思いましたが・・・
やっぱり、足なんでしょうかね・・・
心配です・・・。

そう!負けの次に勝つことこそ、大事なんです。
津田選手出ましたね!!!
頑張れ~~~~!!!!

また、気軽に遊びに来てくださいね!!!

投稿: yurika | 2007年4月14日 (土) 14時10分

>>yoshimi様

コメントありがとうございます!
そうなんですよね、監督だからこそ、
そこは曖昧にして欲しかったんですよね・・・

実は3人とも好きな選手だから・・・
かなりショックだったんですね・・・
玉田選手は、実際今使われていませんから
監督がそう思って使わないのかってなとも思うのですが
藤田選手は、主力として使われていますからね・・・
ほんと、何が言いたかったのかな?

そうかもしれないんです。
ただのファンだからそう感じるのかもって・・・

投稿: yurika | 2007年4月14日 (土) 14時20分

はじめまして。Yurikaさん。
この記事は私も読んだのですが、私の場合とり方は全く違いました。
まず、「フリーポジションならば動く必要はない」という部分。
これは前提に、攻撃において動きのあるプレーは重要だと
いうことがあると思います。
その上で無秩序に動いたり、意図のないプレーをするのは賢くない。
だから、良いポジションにいるならば動かずにその利点を活かせ!と
言っているのだと…
決してボールだけを動かすサッカーをしようと言うわけではありませんよ。
ボールだけを動かそうとしても、パスをもらえる位置にいなければ
ボールは回らないので、絶えず動く必要がありますし。
同様に創造性についても「藤田、玉田、小野はボールを持ったとき
創造性に溢れている」ということが前提にあると思います。
でもサッカーにおいてはそればかりが創造力ではない。
つまりボールのないところでの動きも創造性のあるプレーだと。
選手名を出したのは分かりやすくするためだったのでしょうね。
たぶん報道で選手の評価をする視点がオランダと違うことから
出た発言かな?
少しえらそうですみません。
ただセフは良い監督ですし、私はもっと試合を観たいと思っていますので。

投稿: ひでろう | 2007年4月14日 (土) 16時58分

>>ひでろう様

コメントありがとうございます!
はじめまして!!!!

ぜんぜん、えらそうだなんて!
丁寧なコメントありがとうございます!嬉しいです!
基本は私の思い込みですね、
実際玉田が使われていなくて、玉田選手のスタイルは構想からずれてるのかな~なんて思っていたものですから
そう読み取ってしまったのかしら(汗)

でも、安心しました!
ひでろうさんのコメントを読んで!

実は、ドキドキしていたんですよ。
監督批判にはならないかって・・・。
なので必死に、玉田ファン目線って書き込んでました。

今日は、残念でしたけど
これからも、良いサッカー。勝つサッカーをやって欲しいです。


投稿: yurika | 2007年4月14日 (土) 20時28分

こんばんは。
私もこの記事、読みました。
3人の名前が出てきたのは、よくわかりません。
私が、この記事を読んで感じたのは、セフ監督は恵太のことが大好きなんだ。別にタマのことが嫌いなんじゃなく、恵太が大好きなんだ。と感じました。
タマもまだまだ伸びしろはある。でも代表にもなったし、W杯も出た。
それに比べ恵太は、まだまだ。そんな選手を自分の手で一人前にそだてたいんだなと感じました。
もちろん、監督だからチームの選手はみんな育って欲しいでしょうけど、今は恵太がイチオシって感じかな。

今日は負けたけれど、どんな試合だったのでしょう。
タマはベンチにも入っていません。心配です・・・
負けず、くじけず、凹まず頑張って欲しいです!

恵太も好きですが、タマびいきの感想でした。

投稿: たまきち | 2007年4月14日 (土) 21時07分

>>たまきち様

コメントありがとうございます!
そうですよね!
杉本選手を褒める為に出したのもあると思います!
みんなが評価している選手の名前を出した・・・
まあ、小野選手がここで出てきたのがわからないんですが(汗)
小野選手が出てきてわかんなくなっちゃったんですよね!(苦笑)

ただ、今使われていないから思うだけですが、
戦術的に難しいのかな~って思っているのは正直な気持ちです。
現に、引いた相手には玉田が効果的だって言ってましたからね!

杉本選手は献身的で、努力家で!
素晴らしい選手ですよね!
だからこそ、思うのです。

スリートップだったらいいのにな~~~なんてね!!!(笑)


投稿: yurika | 2007年4月14日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37152/6088383

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーマガジンを見て・・・:

» オシム監督「キリン杯はW杯と同じ」 [サッカー日本代表の情報ネットワークサイト!]
オシム監督「キリン杯はW杯と同じ」 [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 00時56分

« デザインを変えてみました | トップページ | 負けた・・・ »