« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2-0・・・

昨日は、一時間の遅れになってしまいましたね・・・。

遠征の方々が帰れたかが心配なのですが・・・。

セフ監督のコメント・・・こちら

攻めてはいたがスペースを作ってそこをねらうといったような創造性に欠けて、本当の決定的なチャンスを作るまでには至らなかった。最終的にはパワープレーで、2列目がボールを拾うことを意識して得点をねらいにいったが、それでもチャンスを作ることはできなかった。

ボールポゼッション。

繋いでいるから・・・ボールを支配しているから攻撃に有利とは限らない。

素人だから・・・よく分らないが・・・見る限り

監督のしたいように良いポジショニングで、ボールを受けているのだが・・・

止まってボールを受けているように見えるので、

柏は、プレスをかけやすいんではないか。

必ず囲まれ、あわててパスを出す。

それをイメージできない為、ボールを拾う事が出来ないように思えた。

引かれてから、サイドに開いて、すぐにクロスを上げる攻撃のみでは、

マークもついているし、

相手ディフェンスを引き付け、スペースを作る事は出来ないだろう。

中盤で奪ってから、一気にスピードを上げて数的有利になってからサイド攻撃ならば

スペースを作る事は出来るだろうが

相手を揺さぶるポゼッションじゃない限り、ただ相手が引くのを待っているだけ・・・

名古屋のアーリークロスにしっかり対応できている、柏から点を奪うのは難しいな・・・と思うしかなかった。

柏だけじゃない・・・

パスコースが読みやすいため、ボールポゼッションさえ崩せば

リズムを作れないのが目に見えている・・・。

きっと、どこのチームも、名古屋より早くボールを触る事に徹してくる。

スペースからスペースへのパス交換も取り入れていかないと・・・

ただ、どうなのだろう・・・

監督は前半はポゼッションできていた。と言っているならば、私の見方とは違う・・・。

前半が出来ていた形なのか・・・。

あとは・・・ワンパターンの攻撃では、

チャンスを作るのは難しいだろう・・・。

自分達のミスから・・・そうだろうか・・・相手がミスを誘っている。

相手の構想にしっかりとはまっている。あれだけのプレスにあえばミスに繋がる。

ボールポゼッションにこだわるあまり・・・何かを忘れているように思える。

それは何か・・・

もっと、強引に仕掛ける姿勢も必要ではないか・・・

中央で突破する事・・・遠めからのシュート。

・・・・

・・・

・・・

色々な事を考えてしまいましたが・・・

とにかく次!ですね!

この負けから何を学んだか!

見守りましょう・・・。

で、玉田選手ですが遠征メンバーにはいませんでした。

正直残念です。

もし100%じゃなくてもベンチにいることが重要である選手との思いはファンのみなのでしょうか・・・。

ごめんなさい・・・少しだけ卑屈になってしまう・・・玉田ファンでした・・・(苦笑)

楢崎選手はベンチに帰ってきましたね!まだ、完全じゃないですけど!

櫛野選手も、逆に全力で戦えると思えます。

さて、次節は勝たなくては!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

スタメン。

GK : 櫛野 亮(21)
DF : 大森 征之(4)
DF : 米山 篤志(5)
DF : 増川 隆洋(16)
DF : 本田 圭佑(24)
MF : 山口 慶(13)
MF : 藤田 俊哉(10)
MF : 金 正友(8)
FW : 中村 直志(7)
FW : ヨンセン(9)
FW : 杉本 恵太(19)


サブメンバー
GK:楢崎 正剛(1)
DF:竹内 彬(30)
DF:阿部 翔平(31)
DF:吉田 麻也(34)
MF:吉村 圭司(14)
MF:須藤 右介(25)
FW:巻 佑樹(17)


携帯からなんで出来てるかな?
玉田選手…
いませんでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今柏に到着です!

今柏に到着です!
駅はレイソルの人達がいますねぇ〜。
で雨が降って来ました。
それでは、行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は柏戦!

今日は、観戦です!

もう、日立台は敵地ながら憧れる、スタジアムですね~!

玉田選手は勿論、モバイルのコメントでも、杉本選手や、本田選手が、日立台の素晴らしさを語っているわけですが・・・。

私も、絶対行きたいスタジアム、5本の指に入る(・・・3本かな~)スタジアムですから、

楽しんできます!

昨日のコメントであったように完売らしいので、すごい事になりそうです。

それでは、行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は!

FW玉田、古巣相手へ万全調整・・・日刊

日立台!ここは、どこのチームのサポーターでも、ワクワクするんじゃないですかね!

ピッチと、ゴールの近さは、もう憧れでした!

私は、土日出勤の会社に勤めていましたから、サッカーを見に行くなんて夢のまた夢!

でも、絶対行きたいのは日立台でした!

明日は、念願の日立台!行って来ますよ~~~!

選手と共に、怯まぬように、戦ってきます!!!

頑張れ!グランパス!頑張れ!玉田圭司!!!!!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今日から投票!

Jリーグは8月4日(土)17:00より、エコパスタジアム(静岡県袋井市)にて、サポーター投票で選ばれた選手が出場する「2007JOMOオールスターサッカー」を開催致します・・・こちら

今日から投票です!さて、今年もみんなの大好きな選手が見れるかしら!!!

私も、投票しますよ!!!

巻練習試合で4ゴール・・・日刊 7-0の大勝に貢献した。前半だけでハットトリック。後半25分にも締めくくりの7点目を決めた。相手との力の差は明らかだったが「玉田さんと組んで、やりやすかった」と先輩に感謝した。

巻選手!しっかりと玉田選手への言葉も残してくれて!素晴らしい!(ごめんなさい、玉田ファン目線でした)

でも、巻選手のようなセンターFWタイプ(?)には、玉田選手のように周りを衛生のように動き回るスタイルの玉田選手はやりやすい事は確かでようね!

頑張れ~~~!

そして、この練習試合で津田選手、中島選手が怪我をしてしまったようです(涙)・・・日刊

ベッカムカプッセルが威力を発揮してくれることを祈ります。

で、怪我と言う事でニュースで気になったので

少しだけ他のチームの選手の事を・・・柳沢選手骨折みたいで・・・。

柳沢選手に限らず、全ての選手達に、

たくさんの試練が訪れる。他にも、表に出ていない試練や困難を乗り越えているのでしょう・・・。

スポーツ界から怪我がなくなればいいのに・・・って思う・・・。

頑張れ、スポーツ選手たち!!!!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

勝利!

昨日はTV観戦!

解説者の言葉もあってか、内容はいまいちに見えましたが

チャンスを物にした名古屋の勝利!!!

1点目と2点目の時間が短かったのも大きかったですよね・・・。神戸の内容は良かったですから、1点ではダメージは少なすぎましたからね!

それにしても、解説の方・・・ジャンウじゃないですから!もう、それが気になって気になって・・・・(苦笑)

次節は、攻撃的なレイソル!

次節は内容も、良いものにして欲しい!頑張れ!グランパス!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勝ちにこだわって・・・

名古屋VS神戸プレビュー・・・J’GOAL

まさに「攻」と「守」、対照的なカラーの対決と言える名古屋と神戸の対戦。ただ言えるのは、名古屋はこの苦手なサッカーをしてくるチームとの「壁」を超えなければ、「優勝」の2文字は見えてこないということだ。

今日は勝つこと。それだけですね・・・。

昨日は金選手・米山選手が大事をとって別メニューだったようですが

今日はどうなるでしょう。

あと、2時間後くらいにはわかるかな?

相手は好調の神戸。

今日の戦いこそ、今後の形といえるでしょう!

勝ちましょう!!!グランパス!!!

| | コメント (18) | トラックバック (2)

明日こそ!

本家超えた!メッシ5人抜きゴール・・・スポニチ

ちょっと、ちょっと!みたい~~~!

明日のTVでやるかな~~~!!!!

浦和不快感“闘莉王は悪くない”・・・スポニチ

浦和側が、不快感をあらわにした。右太腿痛で別メニュー調整を続けた闘莉王は、オシム監督から一方的に苦言をぶつけられた。その図式に、中村GMは我慢できなかった。「あたかも闘莉王ばかりがわがままと言われるのは心外。怒っているよ。われわれは選手を守る必要があるし、(小野)技術委員長に真意を聞きたい」とまくし立てた。

難しい問題ですね・・・。オシム的には回りの選手の事も考えて、特別扱いの選手は誰一人いないんだ。と言いたいのでしょうけど、名前を上げられた選手にとっては確実に、ダメージが残る。

勿論マスコミも、騒ぎますから・・・・。

どんな例えとは言え、名前を挙げることに関しては慎重にならなくてはいけません。

監督が発した言葉は、活字に変わった瞬間に

違った意味になったりしてしまう・・・。難しいですね・・・

まあ、グランパスでは今回呼ばれていないので・・・特別も何もないのですが・・・(苦笑)

さて、さて、明日は神戸戦ですね!!!

連敗中ですから、ぜひとも勝利と行きましょう!!!!

本田、強行出場・・・中日

本田選手も、代表戦ではゴールしたし乗ってるんではないかな?って・・・疲労が心配なんですが・・・

怪我だけは注意して欲しいですね!

どんな試合を見せてくれるか!!!

頑張れ!グランパス!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブラインドサッカー

ブラインドサッカー・・・私はこの前・・・何曜日だったっけ???

TVでみて感動しました!

風祭監督の言葉に感動したんですね!

『彼らには、出来ないって思わせないようにしている。何でもできるんだと思うように』

実際、目で見てサッカーを楽しんでいる私から見ると

サッカーが不可能に感じていた。

でも、出来るんです!!!

で何より、褒めて褒めて、選手を盛り上げ

情熱をそそぐ監督の姿!

そして、選手達のサッカーを楽しみ、責任を全うしようとする姿勢に感動しました!

これが、サッカー!

サッカーを通じて、人として成長する姿・・・感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次こそは・・・

手痛い一敗・・・日刊

「チャンスを作れていなかった」と話すフェルフォーセン監督は、後半開始からDF竹内を下げFW津田を投入。今季の布陣「3-5-2」をリーグで初めて崩し「4-3-3」に移行。それでも攻め手がないと見るや後半32分までに須藤、吉村の両MFを投入。3選手の交代に伴い3度布陣を変更して仕掛けたが「空回り」。2列目の山口、金が前線に絡む好調時の攻撃パターンがカゲをひそめ攻めあぐむ結果となった。

 リーグ初の完封負け。MF山口は「先に1点取られてしまったことが大きい。こういう引いて守る相手からは、先に1点取って、出てきたところを2点3点と取っていく戦い方じゃないと」と顔をしかめた。MF藤田は「試合の中で1点は“事故”のように入ってしまうこともある。1点以上は取れる攻撃力がないと」と険しい表情を浮かべた

セフ監督コメント・・・こちら

Q:前半は大宮の守備陣もグランパスのFWにプレスをかけられないように見えたが、後半はそこを突けなかった。それはなぜか?
「どういうチームでも相手がコンパクトな守備をしていたら、攻めるのは難しい。今日はシンプルな攻めをするしかなかった。それでも後半は1度しかチャンスを作れなかった」

●ヨンセン選手(名古屋):
「今日は相手が下がって守っていた。そういう中でも攻撃していかないと。今日以上に攻めないといけない。簡単にボールを失っているのが問題。シンプルにやるのがうちのサッカーだから。でも今日はチャンスを作るのが難しかった。マークしていたDFも競り合いに強くて、私がヘディングしても点が取れなかった。ゴールにつながらず残念」

●櫛野亮選手(名古屋):
Q:失点したシーンは?
「あれを一番警戒していた。どうして相手に対して出て行けないのかなと思った。ケアしないといけないのに。でもあれはやられた。大宮のやりたいサッカーをやられてしまった。先に点を取って守るという形でね」


●藤田俊哉選手(名古屋):
「次、勝つことに集中したい。これまでどうやって勝ってきたか、もう一度、考えてやらないといけない。簡単なミスが多かったし、勝つためには貪欲さを出さないといけない」

そうですね、次に勝つこと。

攻める手段が見つからない・・・。

攻撃力・・・攻撃のバリエーション。

今目立っているのは失点だけれども、

一番の課題は・・・藤田選手の言う攻撃の爆発力でしょう。

次に勝つこと!しっかりと修正して勝ちましょう!!!!!

悪い流れは、勝利でしか変えられない!!!

頑張れ!グランパス!

※つぶやき・・・・・藤田選手の攻撃的特徴を生かせるポジションにしたり・・・本田選手のトップしたとか・・・

やり方は変えちゃダメなんだね!もうしばらく我慢だね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

負けた・・・

連敗だけは避けたかったんですけど・・・

なんだろう・・・疲れもでてきてるのでしょうか・・・。

切り替えなくっちゃね!

ただ、ガンバが負け、

本当に、順位がわからなくなってきましたね!・・・て、まだ6節ですものね!!!

スタートダッシュで引き離したかったところですが・・・。

まあ、一つ、一つ、しっかり勝っていきましょう!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サッカーマガジンを見て・・・

サッカーマガジンを買ってきた

首位争いをしているグランパスの監督!

セフの記事だ!と思い買って来ました。

で、楽しみに読みましたが・・・・。

内容は・・・

私にとっては・・・悲しかった

※お詫び・・・ここからはとり方によっては、少しだけ、セフ監督の批判的なコメントになってしまうのかもしれません。ただ、素人の私の勝手な感想である事を、理解してお読みください。

サッカーダイジェストを読んで

今までの戦いの、流れや動きも、全て監督の言葉から答えが出たきがした。

それはいいんです・・・。

まずは、少しだけ抜粋して・・・。

『いいポジションにいれば無理に動く必要はない』
インタビューは4月5日に行われた
ピッチ内での動きをきっちりオーガナイズする事がゲームをする上で一番重要な要素となる。自分に与えられたゾーンの中できっちり守備をし、攻撃時もスタートポジションから自分の特徴を生かす事が大事だと思っています。
・・・省略・・・
それはパスを出した選手が入り去ってしまう事です。
日本人選手に動けば良いという認識があるのか、いいポジションにいるにもかかわらず、動き去ってしまうのです。だから、いいポジションにいる、あるいはフリーポジションにいるなら動く必要はない。
・・・省略・・・
ピッチには各選手が均等に配置されている事が重要だと思います。みんな気持ちが高まって色んなところに動き回れば、ハイテンポでパスを回してコンビネーションを取っているように見えますが、それはテンポのいい攻撃とはいえない。
・・・省略・・・
また、あくまで私が言う事は基本的な規律ですから、そこから先は、選手達が創造性をもってやらねばいけません。
・・・・省略・・・
1対1の時に華麗なテクニックで勝負できる選手ばかりを創造性のある選手と言うわけではないのです。
もし、10人の人に創造性豊かな選手は誰かと聞いたら、
おそらくは藤田や小野や玉田といった選手が上がるのではないでしょうか。でも、それが合ってるとは言えません。
・・・省略・・・
今までの、試合の印象の理由がわかった。
第5節、中村選手の動きについて解説の方が
『中村選手が右サイドで待っているのが気になりますね・・・』
そうなのだ、
でもそれが監督の指示なのだ。
フリーポジションにいるなら、動かなくていい
玉田選手が、下がってくる事がなくなったのも、
縦横無尽に動き、
少し下がり目からスペースへ飛び出す動きも
なくなった理由がわかりました。
ボールが動いて、人も動くサッカーではなく・・・
極端に言えば・・・ボールのみが動けばいい
決められた場所で仕事をこなす。
もちろんそれは規律であって、想像力でスタートポジションを守りながら動き出すのだろうが・・・。
で、気になったのは良くない現象として、パスを出した選手が走り去ってしまうと、監督が話す事だ。
つまり、パス&ゴーの事だと思うのだが・・・
守備的なチームやスペースのないときに効果的にも思うパス&ゴー。
・・・・フリーランニングや、DFをひきつける動きも必要ないのかな・・・そんな事はないか・・・。
私はこのプレイが結構好きだ。
マークを振り切ってスペースへ走りこむ・・・。
でも、読んでみて・・・
やっとわかった気がしたのです。
攻撃面で、もっと連携があればいいのにと思っていた私、素人の理想と、
監督が意図としてやっていた事が違っていた。
見たいサッカーと少しだけずれていた事が。
監督の言う、
色んなところに動き回れば、ハイテンポでパスを回してコンビネーションを取っているように見えますが、それはテンポのいい攻撃とはいえない
そうか・・・私はテンポのいい攻撃じゃないものを見たかったみたいだ・・・
そして、実際、グランパスはこの戦術が浸透し結果を出している。
しっかりと勝ち点を奪い上位に位置する。
監督の思惑通り、前半ボールポゼッションにより
走らされた相手と、走らなくてすんでいるグランパスの選手と
運動量の差が出る。
そうなって、後半から得点を入れていく。
なるほど・・・!
ボールが動いているのに、疲れないと言うわけだ。
素晴らしい戦術なんだ。
逆に弱点と言えば・・・
形が決まっているからこそ、ナビスコでメンバーが変わると巧くいかなかったりしたわけだ・・・。
ただ、ポジションを教われば、難しい事ではないのかもしれない・・・。
これからの試合は、こういったことを踏まえてみることが出来る!
でここまでは良かったんです。
監督のやりたいサッカーを理解し、勝つための戦術だと言う事も理解できたわけですが
・・・・
・・・・
でも、
でも、
悲しかったんです。
何が、悲しかったかって事・・・。
1対1の時に華麗なテクニックで勝負できる選手ばかりを創造性のある選手と言うわけではないのです。
もし、10人の人に創造性豊かな選手は誰かと聞いたら、
おそらくは藤田や小野や玉田といった選手が上がるのではないでしょうか。でも、それが合ってるとは言えません。・・・・
この文章・・・。
監督は今までインタビューなどで、選手の評価をこういう場(インタビュー)ではなすことは私のスタイルではありませんと語ってきた。
なのに、なぜ藤田・玉田・小野の名前を挙げて
創造性が豊かと言うのはあっているとは言えない。つまり、創造性がないと語ったのか。
プラス評価ならまだしも・・・・
例えそれが事実であっても、チームの選手の名前を出して欲しくなかった・・・。
わからないのが・・・
グランパスのチームの選手の中での批判なのか、Jリーガーの話なのか・・・。
チームの選手の評価を語らないスタイルなら、藤田・玉田を出すべきではないし・・・
グランパスの選手の中の話なら、他のチームの選手の小野を出す事でもない。
例えて言いたいのなら
オシム監督のように、時限の違うバルサとかを例えるべきじゃないかと・・・。
断っておきますが・・・私が、玉田選手のファンだからそう思うのかもしれないんです。しかも、藤田選手も、玉田選手も、色んなパスを出す事の出来るチャンスメーカーとしての能力や、センスを評価しています・・・
だから、
監督が大切に扱うべきチームの選手の名前を挙げたこと・・・
悲しかったんです。
着いていこうとしている監督に、マイナス点の指摘材料として、自分のチームの選手ではなくスター選手のように名前を挙げ、否定された活字を見る、当人達。
藤田選手や玉田選手は、どう感じたか・・・。
受け入れるべきかもしれませんが・・・読んだ直後・・・
指揮官の記事はチームの選手は見るだろうと思うからこそ
悲しかった。
活字とは、時に本当に伝えたい事と違った事を伝える事がある・・・。
だから、監督の真意とは違ったのかもしれないんです。
信じたくない文章だった・・・・
だからと言って、
監督の全否定はしません!
二人には・・・
監督の評価を覆してもらうしかないわけですし・・・
しかも、
実際チームはこの戦術で機能している!
素晴らしい戦いを見せてくれています。
今日の試合、
各選手のポジショニングに目を向けて見てみようと思いました!!!

| | コメント (8) | トラックバック (1)

デザインを変えてみました

ずっと、勝っていたので

変えないでいたのですが・・・

ちょっと、負けてしまったりしたので

気分を変えてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けましたね・・・

監督コメント・・・こちら

負けてしまいましたね・・・・

内容は良かったようですが・・・。

良かっただけに勝ちたかったですね。

2-0になった時も、スコアでしか見ていなかったのですが

跳ね返す力があると思って、数字を見ていましたが・・・。

残念でした。

・・・・・・

次へ!!!ですね!

頑張れ!グランパス!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタメン!

Pos
No.
選手名
先発
Pos
No.
選手名
GK
21
曽ヶ端準
GK
37
長谷川徹
DF
2
内田篤人
DF
30
竹内彬
DF
3
岩政大樹
DF
34
吉田麻也
DF
5
ファボン
DF
20
金古聖司
DF
7
新井場徹
DF
31
阿部翔平
MF
15
青木剛
MF
26
津田知宏
MF
16
中後雅喜
MF
14
吉村圭司
MF
14
増田誓志
MF
25
須藤右介
MF
11
ダニーロ
FW
19
杉本恵太
FW
18
マルキーニョス
FW
11
玉田圭司
FW
13
柳沢敦
FW
24
本田圭佑

???スリートップ?ツートップ?

下がり目は誰だ・・・・?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は何の日!

本日は、ナビスコカップですね。

テレビは見れないチャンネルなので・・・PCの前で応援します!

相手は、リーグ戦では不調の鹿島。

ヤマザキナビスコカップ 鹿島 vs 名古屋 プレビュー】・・・J’sGOAL

スタメンも予想すると、鹿島はGK曽ヶ端準、DF内田篤人、岩政大樹、ファボン、新井場徹、ボランチ・青木、攻撃的MFに中後と増田、トップ下にダニーロ、そしてFWに柳沢とマルキーニョスの4-4-2だろう。対する名古屋はGK櫛野亮、DF大森征之、竹内彬、増川隆洋、ボランチ・山口慶、吉村、須藤、右サイドに玉田か津田、左サイド・本田圭佑、FWヨンセン、杉本という3-5-2がベースではないか。本田はここまでのカップ戦は欠場続きだったが、この試合後にU-22代表合流を控えているため、今回はピッチに立つはずだ。

どうでしょう、この前はJ’sGOALの予想は大きく外れたからな・・・

実際モバイルの監督のコメントから、深読みすると

主力の出場停止のメンバーが名古屋に残る為、主力は出来るだけ名古屋に残し

若手で挑む気もしますが・・・。

名古屋FW玉田はバースデー弾に意欲・・・日刊

好調FW玉田バースデー弾だ・・・日刊

FW玉田圭司が自らのゴールで、27歳の誕生日を祝う。11日がバースデー。「だれも祝ってくれないから、自分で祝うよ(笑い)」とギャクを飛ばすなど、明るいムードで好調さを印象付けた。今季は途中出場が多いが3得点はMF金と並んでチーム最多。ナビスコ杯は1分け2敗ともたつき、予選リーグ突破は厳しいが「まだ全然あきらめていない」と気合十分だった。

そう、諦めていない!

モバイルの玉田選手のコメントでも

『ナビスコだとか気にせず、自分はまだ諦めていないですし、公式戦の一つとして頑張ります。』

少しでも、諦めてしまったら負けてしまうんだと思うのです。

絶対勝って欲しい!!!!

頑張れ!グランパス!頑張れ!玉田圭司!!!!!

で、27歳になった、玉田選手のゴールがみたい!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

メンタル強化!

メンタル講習会・・・中日

名古屋グランパスがメンタル講習会を行うことが9日、分かった。17日と24日の2回にわたり、専門の講師を招いて、選手のメンタル強化を図る。

 17日の午後の練習に、いきなり5時間も講習会の時間が設けられた。小椋強化担当部長によると、合計8時間かかるということで、24日にも3時間の講習会が組まれている。それもすべてはセフ・フェルフォーセン監督(59)の要望だった。

メンタル。

昨日、柔道の柔ちゃんこと、谷選手のコメントを見ました。

調子も良かったし、パワーも出産前よりあるきがしたし、

スピードもあった。

ただ、1戦2戦と勝って盛り上がりがなかった。

気持ちの盛り上がりが足りなかった。

この負けはもう一度自分の気持ちが盛り上がるきっかけとなって、良かった。

こんな時もあるって思っています。

確か、こんな感じだったっとおもいます。

記憶で書いてるので、間違っていたらごめんなさい。

私は、谷選手の強さに、毎回感動するのですが、

昨日も、本当に感動しました。

本当に、精神面の強い選手。

で、努力を惜しまない選手。

でも、結果に繋がるのは最終的には気持ちなんだと。

グランパスが、メンタルを強化する事は本当に重要だと思います。

でも、何よりも、頭で学ぶより、経験。

負けを経験した時、何を学ぶか。

前節の負けで、強くなったグランパスが見たいです!!!!!

明日は、ナビスコですね!

練習は、成田じゃなくて・・・

名古屋に戻るのかな???

体力的な負担が心配ですが・・・。

メンバーを入れ替えてくるのでしょうか・・・。

ちょっと、わかりませんが

勝ちましょう!!!

頑張れ!グランパスエイト!!!

頑張れ!玉田!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前向きな記事を書こうと・・・

昨日の敗戦・・・

皆さんはどう思われたでしょうか。

つとめて前向きに書くと、

強くなった証拠ではないかと思うのです。

攻撃的サッカーになった。

昨日は、相手の出方を見てるのではなく、

セフ監督が言うように、今迄で一番・・・

90分近く名古屋が支配していた。

つねに攻撃的であった。

2点3点・・・4点5点ととりに行くサッカーをしているのではないかと思うのです。

シュート数を見ても、

ガンバか、川崎かってくらい(笑)

しかし、

攻撃的サッカーには弱点がある。

それが、失点。

ガンバや、川崎。

過去、上位にいるチーム、しかも、多く得点をしているチームには、多くの失点があった。

それは、攻撃的なっサッカーだから。

昨日の相手は、カウンターが恐いとわかっていた。

でも、勝ち越しても

なお、得点しようとこころみた。

結果は残念でしたが、絶対に先に繋がっていると思っているし

優勝争いをするには、1点とって、1点を守りきるサッカーではダメなんだと思うのです。

最後の最後まで、攻撃する。

ガンバは、やっぱり強い。

ガンバ大阪の得点は、後半10分以降が多いそうです。

そして、失点も、後半10分以降が多いそうです。

つまり、リスクを恐れず、

決して守りに入らず最後まで攻撃する。

今、グランパスはそんな戦いをしようとしている。

そう、戦いなんだから、負ける事だってあります。

一つの負けで、下を向いたり、否定したりしてはいけない。

今チームは、

負けない気持ちじゃなくて、

今勝ちにいく気持ちなんだと思うのです!

藤田選手が開幕前に話していました。

『たくさん点の入る試合を見せれるとおもう。』

1点を守って勝つより、2点、3点とる。

私は、

今の、

昨日のサッカーを評価したいです!

もう、次です!次!!!

次に繋がる戦いをしていけば

絶対に優勝を狙えるはずです!

で、玉田選手の起用法ですが、杉本選手とはタイプが違う

引いた相手に対して、下1.5列目から飛び出す玉田選手のスタイルが生きるとのことで、

引いた相手に起用したようです。

ここからは、玉田ファンの目線になりますが、

ファールをもらったり、DFをひきつける動きも良く、

2列目が上がるという動きにも繋がっていたように思います。

今、特徴を生かしてチームに貢献する事。

それで良いんだとおもいます!

得意な事を最大限に生かす。

・・・・

どちらにしても、勝ちたかったことは確かなんですがね。

良かった事も、いっぱい合ったと思って、切り替えます!!!!

頑張れ!グランパス!

頑張れ!玉田圭司!!!!!!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

負けちゃいましたが・・・

負けてしまった・・・・

でも、監督のコメントどおり、

本当に前半から、80分まで良い内容でした。

残念です・・・。

ただ、負けることもありますから、下を向かず、切り替えて行きましょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日2時キックオフ!5連勝をかけて!!!

ちょっと、今日は2度寝をしてしまって・・・

大事な日に!!!

そうです!5連勝をかけて、相手は広島です!!!!

広島は、相手にボールを支配されていても、一発のカウンターで得点を奪ってきます!

ミスは出来ない!!!!

絶対勝つぞ!!!

頑張れ!グランパス!頑張れ!玉田圭司!!!!

Pos
No.
選手名
先発
Pos
No.
選手名
GK
21
櫛野亮
GK
1
下田崇
DF
4
大森征之
DF
8
森崎和幸
DF
30
竹内彬
DF
14
戸田和幸
DF
16
増川隆洋
DF
4
ダバツ
DF
24
本田圭佑
MF
5
駒野友一
MF
13
山口慶
MF
6
青山敏弘
MF
10
藤田俊哉
MF
17
服部公太
MF
8
金正友
MF
7
森崎浩司
FW
7
中村直志
MF
27
柏木陽介
FW
9
ヨンセン
FW
11
佐藤寿人
FW
19
杉本恵太
FW
10
ウェズレイ
GK
37
長谷川徹
控え
GK
21
木寺浩一
DF
31
阿部翔平
DF
3
吉弘充志
DF
34
吉田麻也
DF
19
盛田剛平
MF
14
吉村圭司
MF
15
高萩洋次郎
MF
25
須藤右介
MF
20
桑田慎一朗
FW
11
玉田圭司
MF
25
高柳一誠
FW
26
津田知宏
FW
18
平繁龍一
フェルフォーセン
監督
ペトロヴィッチ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

分析

4連勝の分析・・・中日スポーツ

沢入「あのチームは、どちらかといえば堅守速攻型。今は、藤田を中心に、ボールを動かしながら、攻め時を探して、きっちり仕事をしていく。ベンゲル監督の時より、スローテンポな戦い方だろう」

これは本当に、うなずけますね!

って、ベンゲル時代を知らない私なので、

今の戦い方についてです!

攻め時を探す・・・

横浜FC戦も、思いました。守備的なチームの場合

攻めどころを探して、ボールをまわしている事が多かった前半。

つまり、この戦い方プラス、スピードアップが必要なのではと!

攻撃の爆発力!

ゴールに繋がる守備。ゴールに繋がるパス。

全てゴールの為、攻撃を意識した・・・。

この評論家の人たちが言うように、

攻撃に関しては伸びしろがある!

その伸びしろとは・・・・

現状に満足する事無く、さらに上を目指して戦って欲しいですね!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナビスコカップ・・・2-2で引き分け

若手主体名古屋はドロー・・・ニッカン

残念ですね・・・・

勝ちたかった。

玉田選手からのパスをもらってからの、片山選手のゴール!

相手DFのルーズなパスを奪ってドリブルでDFを交わしキーパー1対1の状況に持ち込んだ玉田選手のゴール!

で、一時は2-0で勝利!と思ったのですが・・・

同点にされ、引き分け。

内容は、グランパスHPの試合の模様で見る事が出来ますね!

その他、たくさんの惜しいシーンもあったようですが・・・

結果2点を守る事は出来なかったですね。残念です・・・。

昨日はパソコンの実況とにらめっこ・・・

片山選手のゴールに、

後半玉田選手のゴールで、大喜びをしていた私ですが・・・

やっぱり、勝てないとここまで、残念だとは・・・。

やっぱり、サッカーは終了1秒まで何が起こるかわかりませんね・・・。

セフ監督コメント・・・こちら

選手コメント・・・こちら

●玉田圭司選手(名古屋):
Q:新潟はパスミスがしばしば見られました。得点シーンですが、狙っていましたか。
「あの時に限らず、相手のミスの場面では狙っていこうと思っていました。うまくいきました」

Q:65分という時間帯に点を入れられたことについては、どのようにお考えでしょうか。
「2-0になったほうが、相手に圧力をかけられますから。しかし、このような結果になり、残念です」

Q:今日はドリブルやポストプレーなど、調子の良さが伺えました。いかがでしたか。
「実際に自分でも良いと思っています。最近試合に出ていませんが、膝の準備ができているということを示せたと思います」

Q:今後へのアピールにつながる試合だと思われました。
「リーグ戦に限らずカップ戦でも良いプレーをして、アピールしていきたいと思います」

試合を見ていないので、HPでしかわかりませんが、

グランパスのHPの試合の模様のスタメン写真の時。

玉田選手の気合の入った表情!(久しぶりのスタメンですからね!)

長谷川選手ともしっかりと握手。長谷川選手も素敵な笑顔でしたね。

長谷川選手も、この先発の重さを実感した事でしょう!

で、この模様を見ても玉田選手、ヨンセン選手、須藤選手等の連携も見れたようで、

後は、ラストパスを合わせるだけ・・・と言った感じだったのでしょうか。

で、気になる玉田選手の監督の評価ですが、

Q:今日の試合でゴールを決めた玉田選手についての評価と、今後の起用法をお聞かせください。
「玉田のような選手がスタメンではなくベンチに座っているということは、難しい選択です。ただチームとして戦い、形を作る中で、現在は杉本を選ぶこととなっています。それでも、今後も1試合1試合、選手の様子を見ながら選びたいと思います」

っと、まあ特にコメントに変化はなく・・・監督の理想とは違うのかな・・・・なんて考えちゃいますが。

玉田選手本人は、チームの為に戦う場所は、リーグ戦に限らずどんな試合でも、

全力を尽くして戦っています!

試合模様でしかわかりませんが、

ボールに絡んでチャンスにも絡んでいますし、ファールもとっていますし、

自分の持ち味であるチャンスメーカーとしても、しっかりと役割を果たしていますので、

このままコンディションを落とさぬように、頑張ってもらうだけですね!

使ってもらうかは、監督が決める事。

本人は、今出来ることをやる。もっと練習して、もっと・・・・。

こういう状況でも、しっかりと結果を出し、前向き向き合う玉田選手。

頑張って欲しいです!!!

スタメンから離れて・・・何試合を数えた事でしょう。

スタメンの重さを十分感じ、今後も、ますます成長する!!!!

頑張れ!玉田圭司!!!!!!

【追加】

今すぽるとの録画を見ました!

ヨンセンが、DFに詰めたところルーズになったボールを、かなり後ろからダッシュしてきた玉田選手が、ボールをさらってからのゴール!!!

ヨンセン選手と、玉田選手で、奪ったゴール!!!

素晴らしかったですね~~~~~!!!!

どんなときも、攻撃の意識を持って!!!

玉田選手の、いつでも、ゴールを意識した動きは流石です!!!

頑張れ~~~~!!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本日はナビスコ杯!名古屋VS新潟!

本日、ナビスコ杯 新潟戦です!

今日も、リーグ戦とメンバーを大きく入れ替えて挑みそうですね。

■名古屋・広野、吉田、片山、須藤、吉村、玉田がスタメン出場へ
名古屋GK広野耕一、DF吉田麻也、片山奨典、MF須藤右介、吉村圭司、FW玉田圭司が本日行われるナビスコカップ・新潟戦でスタメン出場する可能性が高まっている。

正直、甲府戦の敗戦は悔しかった・・・

主力温存で、勝てなかったと報道され、さぞかし悔しい思いをした事でしょう・・・

だからこそ、このメンバーで勝って欲しい!!!!!!

初めてこのメンバーで組まれた公式戦で、感じた悔しさや手ごたえを、

今日、結果を残して欲しい!!!!!

絶対に勝とう!!!!もう、サブなんて言わせない!!!!!!!

頑張れ!名古屋グランパス!

頑張れ!玉田圭司!!!!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本日2回目投稿・・・・

■名古屋・楢崎が左大腿四頭筋筋挫傷で全治4週間
名古屋は本日、GK楢崎正剛が左大腿四頭筋筋挫傷で全治約4週間と診断されたと発表した。 ・・・

打撲で済んでくれたらと思っていたのですが・・・筋肉の挫傷・・・

辛いですね・・・・

4週間か・・・早い復帰を祈ります・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

首位堅守!!!!!!!

名古屋が11年ぶりに4連勝・・・デイリー

昨日は行ってまいりました!

勝ちました!!!!

もう、この勝利は大きい!!!

三ツ沢!三ツ沢は、ピッチがとっても近くって本当に、興奮しました!

で、何よりゴール裏の声援がすっごく近くで聞こえたので

バックスタンドでも、一緒に喜びを味わう事が出来ました!

で、一番心配なのは、楢崎選手・・・立っていられなくなった様な・・・

後で、録画を見直しましたが腿が腫れていたような・・・・・

軽症であることを祈るしかないです・・・・。

試合内容ですが、

やっぱり、前半は引いてる相手に対して、どう攻めるかうかがってるような感じ。

守備意識も高く、守備は安定しているのですが

これから前半でどうやって得点していくかって事ですかね・・・

ボールを支配する事は出来ているようです。

で、

どう相手を崩すか・・・。

どこでスピードをアップするか。

攻守の切り替え・・・・。

ガンバ大阪を見ていると、ボールを奪ってからシュートまでが本当に早い。

素人な発言ですが

名古屋はボールを奪ってから、少し落ち着いてしまうのか

相手のマークがついてしまってから、攻撃に入るので

守備を重視したチームにはなかなか、攻めどころがないように思います。

そう・・・後ろで回す時間が長くなってしまう。

前半はまさにそうだった気がします。

確かに監督が言うように、速い攻めはリスクを背負う事になるのかもしれません。

でも、素人からすると取り返す力があるなら、もう少し前半も、攻める意識が欲しいものです。

中村選手も、特長を生かしてもっと前へ仕掛けて欲しかったですし・・・。

もう少し、チャンスを待つのではなく、自分達でチャンスを作るような戦いが見たいですね・・・。

でも、意図的にそういう戦いをしていたのかもしれませんね。

今の名古屋の戦い方なんでしょうね。

勝つ試合。

カウンターは絶対受けない。

運動量が落ちてきた相手に後半ミスを誘って攻める。

そういう風に戦っているのでしょう。

リスクを恐れず攻めるって戦いをして欲しい私には少しだけ、前半は物足りないのですけどね・・・

まあ、結果

何よりも逆転して勝てたこと!

素晴らしいですね!!!

杉本選手のヘッドも素晴らしかった!!!

気持ちのこもったゴール!

山口選手の、何かが起こると信じて

あそこまで走ってきた、ファイトに感動でした!

さて、我等が玉田選手ですが

後半86分に登場。

わずか8分の出場でした。

ただ、途中出場の難しさを、

『ここに出してくれ』とアピールする事で、良いタイミングでボールももらえていましたし、

ドリブラーだからこそ取れる、ファールもとり本田選手のフリーキックの場面を作るなど

本当に短い時間で、ボールに絡めていたと思います

玉田選手の仕掛ける姿勢。私は大好きです!

これからも、失敗を恐れず仕掛けていって欲しいです!

短かったですが、玉田圭司らしさが出た時間でした。

後は、TVに写っていませんでしたが

私の好きな久保選手と玉田選手が、試合終了後に笑顔で声を掛け合っていたシーンが見れた事が嬉しかったです!

試合が終われば、みんな同じスポーツマンなんだな~~って!

で、一つだけ悲しかった事。

ここに書こうか迷いましたが・・・

横浜サポーター応援で、名古屋選手の怪我に対し「つまみ出せ」というコールがありました。

ブーイングはお約束として理解できますが・・・

「つまみ出せ」には・・・・

私は観戦3戦目ですから、正直世間知らずです。

よくあることなら・・・

ブーイング同様

試合中での掛け声として理解しようと思いますが。

明らかに、怪我で歩けない状況での、その言葉にはショックを受けました。

なんか、泣きそうになりました。

横浜FCというチームは本当に、地道に頑張ってきたチームですし

好きなチーム。だからこそ、そのチームサポーターがそろえて発した

そのコールにはショックを受けました。

なんでしょう・・・・

世間知らずなだけでしょうかね・・・・。

でも、勝つことでそのモヤモヤも消えましたし!!!!

とにかく、勝ててよかった!

みなさん!!!首位ですよ!首位!!!!

守りたい!いつまでも!!!!!!

| | コメント (8) | トラックバック (3)

第4節 横浜FC戦

ちょっと、ちょっと、レイソルが強い・・・古賀のゴールは、お見事。ふかさずしっかり、抑えて打ってゴールネットを揺らしました。

恐るべし・・・・レイソル・・・

こうなってくると、もう何が起こるかわからないわけで・・・

毎試合、しっかりとチームらしさを出していけるようにならなくてはいけません!

さてさて、そんなんで

本日!参戦です!!!!!

Meさん親子とご一緒させていただいて!

行ってまいります!!!!

頑張れ!グランパス!頑張れ!玉田圭司!!!!!

昨日はモバイルで久しぶりに玉田選手のコメントが出てましたね。

Q.三浦選手については?

A.ぜひ明日は一緒のピッチにたちたいですね。

Q.今のコンディションはいかがですか?

A.調子は良いと思いますし、いつでも出られる準備が出来ています。・・・省略・・・ストレスはありますけど、発散するのはグランドの中だと思っています。

僕はサッカーが好きなので、そこで発散したいですね。

Q.調整面についてはどのように?

A.90分出るわけではないだろうし・・・・・・省略・・・・ずっと試合にでている人たちと同じ形をやっていてもダメなので、人より多く練習したり、居残って好きな練習したり、筋トレを、今はやりながら試合に臨むようにしています。この前の試合も始めの10分くらいはよかったのですが、その後は今ひとつでした。

ただ、入って相手をかき回すのが僕の持ち味なので、そういうのをこのチームの中で生かせるようにはしたいです。

ぜひとも、カズと同じピッチに立ってもらいたい。

そして、今玉田選手は、今出来ることをしっかりとやろうとしています。

コンディション不良で使われないわけじゃない。

ただ、謙虚に自分の現状を受け止める。

そして、試合に出ている選手と同じ練習をしていたのではいけないと・・・

もっと、みんなよりも多く練習しなければいけないと。

その中で、好きな練習をして、楽しもうと・・・・。

ここまで、色々な心配がありました。どんな気持ちでベンチから試合を見ているのだろう・・・

そう、

ストレスを感じないわけはない。

ただ、卑屈になる事無く

自分に足りないものを補い

試合に出ている選手よりも、、練習しなければいけないと

今出来ることをやっている。

きっと、この努力は神様が見ています。

少しだけ思い出します。

玉田選手は決して、順調に来たわけじゃない。

今の若くして、公式戦のピッチにたち、ユース代表に選ばれる選手のような

輝ける実績を踏む事もなかった。

レイソル入団当初、

華奢だった玉田選手は、プロになってからサテライトで戦う機会しか与えられなかった。

そんな中、『自分はみんなより華奢だったから』と、体作りをし、サテライト、居残り練習で

必死に自分を磨いてきた。

きっと、そんな努力がW杯出場選手となる土台を作ったのでしょう。

だから、今!

より、レベルアップをしようとしているのかもしれない。

どんな時も、自分のプレイスタイルを守りながら

飛躍の時の為に、足りないものを補ってきた。

今、もしかしたらプレイスタイルを変える事によって、出場できるのかもしれない。

玉田選手は器用な選手だ。裏へ抜ける動きだって出来る。

ただ、それぞれ特徴がある。その特長を生かすことがチームに貢献する事。

今玉田選手に魅せられている人たちは、玉田選手のプレイスタイルが好きなのだ。

本人も、スピードに乗ったドリブルを武器に戦おうとしている。

決して恵まれた体系ではないレフティーは、自分の特徴を信じ、

地道な努力を重ね

世間の批判にも負けない強い心を作ってきた。

W杯でブラジルから奪ったゴールは、その証ともいえよう。

そして、もうそれは過去のもの。

今、新しい玉田圭司の歴史を刻む為に

この時を過ごす。

やってくれるでしょう!

このままでは決して終わらない。

嵐の前の静けさ・・・・・

今、まさにその時なのかも知れない!

玉田圭司の時代は、これからです!

3997299

5268638_1

| | コメント (6) | トラックバック (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »