« 勝ち点1! | トップページ | 明日は鹿島戦! »

涙のわけ・・・

グランパス!引き分けたけど、昨夜は良い試合でした!

ニュースというと、『ガンバ首位脱落』。『ガンバ価値ある勝ち点1』と、ガンバのニュースがほとんどなんですが・・・・

なんだよ~、グラが強かったじゃない!

まあ、しょうがないです。首位だったチームですから・・・。

今に見てろよ!マスコミ軍団!!!

で、私の中でサッカーではないですが、心を動かされた記事です。

球児、涙の訴え・・・『こんなに頑張ってるのに周りの反応がつらすぎる』・・・スポーツ報知

首位・中日との差が開き、ファンのヤジやマスコミのチーム批判が激しくなった。そんな状況に心を痛める球児は「これだけ頑張っているチームに対しての周りの反応が、あまりにもつらすぎる」と涙の理由を告白した。

チームが連敗して選手も本当に悔しい思いでやってました。まだまだファンのために頑張ることをわかってください…」

ファンの心ないヤジや、マスコミの辛らつな批判に心を痛めていた。「これだけ頑張っているチームに対しての周りの反応が、あまりにもつらすぎる。何のために投げているのか、ファンの方にも分かってほしい」ファンのためにプレーしていることを理解してほしかった。それが号泣の理由だった。

この記事は、選手の本当の気持ちが現れているのだと思う。

スポーツ選手はファンあって。だから、ファンへは敬意をもって接する。

いつでも感謝しなければならない。そんな思いを持ちながらいる。

だから、何を言われてもしょうがない。そう思ってファンの為にも勝ちたい。

勝つことが、恩返しだと・・・。

でも、スポーツ選手も心を持った人間なんです。負ければ悲しいし、ふがいない自分のプレイは、自分が一番悔しい。

私の理想は、サポーターが、チームの一員になる事。

選手と、サポーターは同じラインに立ちたい。

外から見るのはマスコミだけで良い。野次や、批判派片面しか見ていない、太陽の当たらないもう片方の面。裏側を知らない、マスコミだけにしたい。

チームの一員なら、決して『帰れ!』『使えね~』『いらね~』『やめちまえ』は、出ないはず。

チームは共に苦しみ、共に前を向く。『何で負けたんだ。修正しよう。下を向くな。前を向こう!次は絶対勝とう!!!頑張ろうぜ!』

サポーターもそうでいたい。チームの一員になる。

この球児の、『ファンの方にも分かってほしい』は、

ファンだけは分かって欲しいとの思いなのだと思う。

切なる思い。

マスコミの批判は、しょうがない。

でも、ファンとは分かり合いたい。何のために戦っているか・・・もちろん負けるために戦っている選手はいない。一人一人が、勝つために戦っている。

私達は、チームの一員として、一緒に戦うべき。

そう思いました。

サッカー選手は、この球児のように本心を語ることはないのだろうけど、

心はきっと悲しい。辛い。負けの悔しさよりも、ファンの野次、批判のほうが辛い。

・・・そう思う。

どんなスポーツでも、当たり前のようになってしまった、負け試合のときの野次。

でも、ここで、何とか変わりたい。

こんなに悪い試合をしても、サポータだけは信じてくれている。この人たちの為に絶対勝とう!そう選手が思えるように!

やっぱり、子供でも怒られないために、何かをするというのは続かない。恐怖感だけが残り、何がいけなかったか分からなくなってしまう。

こどもは、褒められる為に、良い事を持続するもの。

大人も一緒だと思う。

喜んでもらえるから、どんな辛い努力も出来る。

勝ちは共有できて、負けは共有できない、許せない。それでは、頑張っている選手は、病んでしまうだろう。そして、心から、サポーターを信頼できなくなってしまうだろう。

サポーターと、選手の信頼関係・・・それは、楽しい時、苦しい時も、共に一緒であるというところから生まれる。

今、グランパスは良いとき。でも、悪くなる時は、絶対にないわけじゃない。

好調もあれば、不調もある。

だから、不調な時こそ共に戦いたい。

で、こんな事を書いたのも、玉田選手の不調や、怪我での欠場もあったから。

きっと、心ない人やアンチ組み時は、試合に出ようが欠場しようが、ひどい批判をする事は想像できる。

私は、玉田選手の不調が辛い。昨日の欠場が苦しい。

怪我での欠場は、スポーツ選手にはあること。

苦しいのは、玉田選手が出れなかった事に対してではなく、

それを見たアンチが、ここぞとばかり批判のターゲットとして、楽しんで批判する事を想像したから。

そして、選手が苦しむ事が、とっても辛い。

だから、私達ファンや、サポータだけは、選手を支えたい。

つらい時こそ、次に頑張れ!と言ってあげたい。期待してるんだと、言ってあげたい。

玉田選手は、W杯後から

本当に色々あった。そんな中、決して心を休めることなく、戦ってきた。

みんな同じ気持ちでしょう。

しっかりと治して欲しい。焦る事はない。待ってるから!

君にはできる。自信を持って!

玉田選手が大好きなサッカーを楽しんでできることを祈っています!

そして、どんな時も、私達は見方だ!!!!!

|

« 勝ち点1! | トップページ | 明日は鹿島戦! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>「みんな選手は自分のため、チームメートのため、そしてサポーターのために頑張ってる!」
・・・・・なぜ、そう考えることができないんですかねぇ。。。

>玉の欠場は昨日の朝決まったらしいですね・・・足に張りがあったとか????

>昨日はいろんなサッカー番組を見たけど、みんな「ガンバが・・・・」「ガンバは・・・」ばっかり、、、
たまには、「グランパスが首位相手に・・・・」みたいのでもいいと思います!!!!!!

投稿: ぁんみ☆ | 2006年8月28日 (月) 13時13分

ガンバ戦行ってきましたよ!!!
確かにアンチは批判しますよね・・・
でも昨日の後半なんかは「玉田がいたらな」という声がチラホラ聞こえました☆
欠場は悲しいけど今この時期に休んでおくことも大事だと思うし私はいろんな意味で欠場でよかったと思います。
浦和戦ヨンセンがいないみたいだし出場するんでしょうかね??

投稿: レイ | 2006年8月28日 (月) 13時40分

昨日は勝っていえ・・・かなり悔しいですね。しかし引き分けでも浦和が1位となったのでありがとうございます!次こそ浦和レッズと名古屋グランパスエイトの勝利!玉田の復活ですね。ガンバは強豪なので新聞はマスコミが大きく出すから名古屋は少し薄いですね・・・マスコミは巻も忘れてない見たいだし。なんつってw

投稿: RED11 | 2006年8月28日 (月) 19時27分

>>あんみ☆様

コメントありがとうございます!
そうですよね、でもしょうがないですよね!ガンバ首位だからね!、たまには、グラも取り上げて・・・
でも、グラが良い試合が出来てホント良かったな~って思ってます!
後は90分走れるか!ですね!
本当に、基本は走る事なんですよね、
つくづく実感しました!
鹿島戦!次こそは勝って欲しいですね!

投稿: yurika | 2006年8月28日 (月) 21時57分

>>レイ様

コメントありがとうございます!
観戦、お疲れ様~!!!
良い試合でホント良かったですよね!勝てたらもっと良かったけどね!
私はすっかり圧勝だと思ってましたよ・・・(苦笑)

そうみたいです!玉がいたら・・・って思ったサポも大勢いたみたいですね!
やっぱり、サポーターのほとんどは、チームの選手を大切にしてるんですよね!
なんか、安心しました!
分かってる人がいれば良い!そんな感じ(喜)
ヨンセンは痛いですよね~。
正直スピードあるサイドアタッカーが生きるのもヨンセン選手がポスト役になってくれるからね・・・
今度こそ、しっかり治して、完全復帰して欲しいですよね!

投稿: yurika | 2006年8月28日 (月) 22時02分

>>RED11様

コメントありがとうございます!
そうですね!浦和が首位になったんだ!
今は注目されるのは早すぎかもしれませんものね!
グラは影で、勝ち続けます!(爆)

玉田の復帰、楽しみにしてます!
マスコミは、コロコロ、話題が変わりますからね!
私、振り回されないようにしなくっちゃ(笑)
でも、マスコミがあって情報を得てますからね、
前面否定も出来ないんですよね・・・(汗)

結局、私も自分勝手ということだ!(笑)

投稿: yurika | 2006年8月28日 (月) 22時08分

多分、心無い中傷をする人(して楽しんでる人)がいる訳でいなくならないのも事実。
マスコミも同じだと思うんです。
欲しい情報を提供してくれる物もあれば、そうでない場合もある!
いろんな考えや感性があるのだから同じものを見ても受け取り方がそれぞれ違うのも当然。

なので私のわりと(?)長い人生の中で出た答えは、
「分かってくれる人がいればいい!!」

きっと選手たちは見ないように、聞かないようにしていても自然と情報が入ってくるのだとは思いますが、心から応援している人が沢山いることも分かってくれていると思うので私たちは、一生懸命応援するのみ!!ですよね。

投稿: yukie | 2006年8月29日 (火) 08時10分

>>yukie様

コメントありがとうございます!
おっしゃるとおりです!

なので、一番重要なことは
マスコミの一時的な報道に踊らされない事ですよね。
新聞記事も、ニュースも書く人の個人的志向が必ず入っている事を理解し、
全てを鵜呑みにせず、
情報をろ過して正しい情報のみを
受け取る必要がありますよね!

ほんと、アンチは活躍しようが何しようが、文句を言います。
それが生きがいなんですね、きっと。

ただ、マスコミは世間をコントロールしてしまうので
もっと慎重に報道して欲しいと思いますよね。
オシムの言葉、新聞記者は戦争を起こす事だって出来る。
そう、報道は一歩間違えば、人を殺す武器にもなる。
もっと、自覚して欲しいです。

おっしゃるとおり、私達は応援するのみですよね!
頑張って応援します!

投稿: yurika | 2006年8月29日 (火) 08時26分

玉田ファンとアンチ玉田ファンは玉田ファンです。一流には賛否両論がある。って言う私のお友達からの言葉に最近勇気付けられたんですよね。

投稿: ペコ | 2006年8月29日 (火) 10時29分

>>ペコ様

コメントありがとうございます!
いいこといいますね~お友達!
そうですよね、アンチ玉も、玉ファンくらい細かい事知ってますものね!
そういえば、何気に、玉田しか見てないかのようなコメントにも思えますね(爆)
でも、注目浴びる選手という事ですからね、
何の情報も無いほうが悲しいものね!

人気者だって受けとれば良いですよね!
人は、嫌われるより無視される方が辛いですから、
何も触れられなくなる方が悲しいかも・・・

ありがとうございます!私も勇気をもらいました!(喜)

投稿: yurika | 2006年8月29日 (火) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37152/3230567

この記事へのトラックバック一覧です: 涙のわけ・・・:

« 勝ち点1! | トップページ | 明日は鹿島戦! »