« 未来へ・・・・ | トップページ | これに触れないわけには・・・ »

愛すべきもの・・・

中田選手、現役引退。

中田選手のコメントは、ヒデの公式サイトなので、文章を貼り付けたりはしません。

ヒデの言葉を読みました。

このワールドカップが終わったら・・・という気持ちだったとは・・・

正直あの時私は、ブラジル戦の後皆に駆け寄って欲しいと思っていた。

それは、ヒデが若い選手達を引っ張っていく存在だと思っていたから。

引っ張っていけるのはヒデしかいないと思っていたから。

もちろん、今も気持ちは変わっていません。

まだまだ、みんなに駆け寄り、『まだ終わってないんだ。まだまだ、やらなきゃいけないことがある。下を向いている場合じゃない』と、言って欲しい。

でも、ヒデの心の中は『これが最後』だった。

あの姿の本当の意味がわかりました。

もちろん後悔もあったかもしれないけれど、

でも、あの時ヒデは、自分のワールドカップ。

サッカー人生をしっかりと味わっていたのですね・・・・自分の為に。

誰の言葉だったか・・・雑誌だったか、テレビだったか・・・

『少年は、試合をしてプロになっていく。ワールドカップは、プロが少年に戻る』そう、少年に戻る。

『プロになってから楽しめなかった。』以前もヒデの楽しんでやりたいという言葉と、小野選手、玉田選手の楽しんでやりたい、という言葉の重さについて書いた事がある。

・・・ヒデは、あの瞬間サッカーへの熱い思いをもう一度感じることが出来た。

そして、今度は本当に好きなサッカーを楽しんでいくのでしょう。

年齢からすれば、まだまだ若くこれからです。

引退を決意する理由に、走れなくなってやめる人がいる。

そして、サッカーを愛するがゆえにプロではなく、純粋にサッカーを楽しむために、プロをやめる人がいる。

ヒデは、後者だ。

前を向いて歩むならば、そんなヒデの決断も、悔いは残らないのでしょう。

たくさんの経験をしてきたヒデだから今決断したのでしょうね。

最後に、私の正直な気持ちを書かせてください。

かっこ良すぎるよ。引退宣言しないで戦うなんて・・・。その気持ちを隠して戦うなんて・・・。(涙)

私からすれば、本当に不器用で、愛すべき選手でした。

中田フォト集  中田プロフィール 中田語録

|

« 未来へ・・・・ | トップページ | これに触れないわけには・・・ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませていただいています。
最近玉田選手のことが気になるようになり、yurikaさんの所へお邪魔するようになりました。

中田選手の引退はブラジル戦の後もしかしたら・・・?と思わせる報道も多くあったけれど、まさかと思っていたのに・・・。

中田選手のメッセージの中に
メディアに関することが書かれていました。時にはこの上ない程に称賛されたり、また時には打ちひしがれるような批判・・・。
私たちはそのメディアの言葉に躍らされていたような・・・。

これからはどんなカタチでサッカーに関わっていくのか、もしくは全く別の世界に進むことになるかはわかりませんが、中田選手ならどんな世界でも活躍してくれることでしょう!頑張ってほしいですね。

投稿: yukie | 2006年7月 4日 (火) 09時11分

>>yurie様

コメントありがとうございます!
来ていただいて本当にうれしいです!(喜)
ぜひ、ぜひ一緒に玉田圭司選手を応援しましょう!

そうですね、メディアが中田選手を特別にしていったのでしょうね・・・サッカーに対する情熱を守るために、時に冷たくしたり・・・・怒らせることもあった・・・。
私はこのブログで、何を守りたいの?って書いたことがあったのですけど、何かを必死に守るような言動。
それは、私が想像していた以上の、純粋なサッカーへの思いだったのですよね。
それが分かって、余計に中田選手の苦しみが心に響くわけで・・・。
マスコミは時に、選手をダメにしてしまうわけですが・・・。ヒデは、本当は強くも、冷たくもなかった。自分を守るために作り上げた、キャラクターだったのかもしれませんね・・・。
もちろん、ずっとヒデを応援していたファンはきちんと分かっていたのでしょうけど。
でも、中田選手は、この世界だけではなく輝ける人です!
新しいヒデを、みまもります!

そう考えると、まだまだ、苦しみながらサッカーを続けている選手がいるわけで・・・。
私達は、彼らを信じて応援するしかないですね!
どんな時も!
これからも、どんどん来てくださいね!


投稿: yurika | 2006年7月 4日 (火) 11時06分

mihoです。
一夜明けてもヒデの引退が信じられないと言うか、ショックですね。。。
ヒデのサッカーをもっと観たかった。
残念ですね。

投稿: miho | 2006年7月 4日 (火) 17時39分

トラバ有難うございました。実は会社は
もうやめて次の就職に備え学校に通って
おります。スタートラインはヒデと同じ
です。ヒデはハーバード大学で経営の
勉強をするようですが、新天地でも頑張
ってもらいたいです。

投稿: ぴちぶー | 2006年7月 4日 (火) 18時20分

中田は良い選手だと思うけど引退して日本がどうこうなるって事はないと思います。強くもならないし、弱くもならない。僕的には松井大輔が後継者として背番号7をしょって欲しいです。

投稿: RED11 | 2006年7月 4日 (火) 21時27分

中田引退ショックでしたぁぁ↓↓o(_ _*)o
ヒデの言葉を読んだら泣けてきました(≧∩≦;)
もぅ玉田とヒデが抱き合ぅところは見れなぃのですねェェ本当に残念ですo
全てを完璧にする…これは凄ぃコトですね!!私だったら絶対無理です笑〃
とにかくヒデはサッカーの技術も考え方も凄ぃ人なのですねッッ!!
私は玉田のコトしか知らなかったのでヒデの凄さを改めて知りましたッ!!
でもヒデの決めたコトなので仕方なぃですね!これから大学に行くみたぃなので応援しますッッ!!

投稿: ヵォリ | 2006年7月 4日 (火) 21時52分

>>miho様

コメントありがとうございます!
びっくりしましたね、本当に・・・。
正直、ヒデのサイトを見るまでは
ヒデの真意に気がつかなかったのです。

ヒデがみんなに伝えたいことを
もう少し巧く伝えることが出来るまで、もう少しいて欲しかったですね。
でも、ヒデが選んだ道は正しいと思います!
前向きな変化なら、全て本人自身の為になることは確かですからね!

投稿: yurika | 2006年7月 4日 (火) 22時35分

>>ぴちぶー様

コメントありがとうございます!
そうですか!
もう、新しい一歩を踏み出しているのですね!
持続する事も、転職することも、自分が選んだ事は全てがプラスになりますよね!
責任は全て自分にある・・・楽しくするのも、つまらなくするのも自分自身ですものね!
自分の選択を信じて頑張ってくださいね!!!

投稿: yurika | 2006年7月 4日 (火) 22時40分

>>RED11様

コメントありがとうございます!
そうですね、他の選手と、中田選手は
中田選手本人が感じていたように、
『最後まで伝わらなかった』のだと思います、。
融合できなかった。それは本当に事実ですよね!
やっぱり、良い選手が集まっただけでは勝てない。
本当の意味で一つにならねば・・・
新しい日本代表は、違う姿を見せてくれるかもしれませんね!私も、松井選手に期待です!

投稿: yurika | 2006年7月 4日 (火) 22時46分

>>カオリ様

コメントありがとうございます!
完璧にする・・・そうですね、
それが、ヒデ自身を苦しめたのかもしれませんね・・・。

正直私は、もっと自由に、もっと楽しんでやって欲しかったです・・・。
でも、これからは楽しんでいけるのかな~って思います。
カズのようにピッチに立ち続けることを幸せに思う人もいれば、ピッチを離れていく人もいる。
それぞれが、素敵な人生なんですよね!
頑張って欲しいです!

でも、やっぱり玉には、ピッチに立ち続けて欲しいです!
ファンは、やっぱりピッチで選手の姿見たいんですよね!


投稿: yurika | 2006年7月 4日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37152/2490230

この記事へのトラックバック一覧です: 愛すべきもの・・・:

» 中田英寿選手引退 [前線へ。その先へ。グランパスブログ2006]
先日中田選手の引退の発表がありました。まだやれるだけに残念。 公式HPによると半年前くらいからW杯を最後に引退を考えていたという。 それだけに今回の大会に対する意気込みは人一倍あったと思う。 ちょっとひねくれ者の考えとしては、他の選手が中田選手に対しての反発心が どこかにあったようにしか見えず、もどかしい思いをした。 中田選手は3度目のW杯で、W杯の厳しさなど他の選手にうまく伝わらなか... [続きを読む]

受信: 2006年7月 4日 (火) 18時07分

» ヒデの憂鬱 [Butterfly Stroke]
Never quit! ジダンのヘッドバットの真相も今頃明らかになったようですが、ほぼ「お前のかあちゃん、デ〜ベソ」レベルだったということで、笑 さて、衝撃の引退発表から2ヶ月ちょい、今頃ですが「ヒデの憂鬱」について、パピ流に勝手に一考させてもらいます。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 10時15分

« 未来へ・・・・ | トップページ | これに触れないわけには・・・ »