« FW陣に注目 | トップページ | 自分のプレイを! »

投稿二回目。『2006W杯を振り返って・・・私達ができる事』

さて、明日は鍵となる広島戦をですが、

その前にどうしても書きたい事があります。

マスコミでは、ワールドカップについて、なぜ負けたか・・・について色々と言われています。

で、私が振り返るとするなら、

負けたと言う事実のみです。

何を検証しても何を振り返っても

事実を受け入れる。そして、これから何が出来るか。

人は、選ばなかった選択を美化します。夢もそう、選ばなかった夢を熱く語る。

あ~あの時こうしておけば・・・こうなっていたんだ自分は・・・みたいに。

で、今テレビが行っているのは、まさに果せなかった夢を語っているのと等しい。

『あの時こうしていれば、こうなっていたかも。』

だから、敗因を検証して終わってしまっている報道を見ると

う~~ん。つまらない番組だ・・・と思ってしまう。で、

ここで書きたい事とは、ジーコジャパンワールドカップ敗退から、オシムジャパンへと共に歩んでいく心構えとして、気がつかなくちゃいけない事を書きます。

長くなるので、時間がある人は続きを読んでくださいね!

おっと!書き忘れていました、これはあくまでも、個人的な考えですので読んだ皆さんが同意できない文章である場合があり不快に思う事もあると理解したうえで読んでくださいね!

私は、一番重要なこと、一番変わらなくてはいけないことは、

選手・監督よりも、マスコミを含めた世間なのではないかと・・・。

選手や監督は、ワールドカップに選ばれた人も選ばれなかった人も、経験は違えど必ず何かをつかんでいるはずです。

だから、次に何をするかで選手達の将来は変わってくる。

引退する事も答えだし、2010年を目指す事もその選手が出した答え。

そこから必ず前進していく。

だから、後ろを向いているのは、マスコミ。

で、ここでヒデの特別番組ツネの情熱大陸玉のオフィシャル本オシムの言葉

そして、今までの選手達のコメントを聞いたり、読んだりして思った事。

選手を生かすも殺すも、マスコミ、世間だと言う事。

選手や、監督がどんなに努力しようとも、一部の人々は批判したがる。

前向きな批判ではなく、後ろ向きな批判

建設的な意見は選手を育てるが、破壊的な批判は、選手をダメにする。

イングランドの監督は言いました。『ルーニーを殺さないで』

マスコミが最低だと言えば、世間はそうだ、最低だとコントロールされていく

そして、選手にも届いてしまうくらいの、卑劣な行為が行われる。

そう、マスコミは選手を簡単に殺してしまう。無能にしてしまう。

だから、変わらなくてはいけないのは、

記者の感情で作られた記事。

面白い記事になるために取り上げるという意図しかない記事。

純粋ではない記事。

それに対して、私達サポーターや、ファンは過剰に反応しない事だ。

オシム監督も、言葉や報道の、選手への影響力の大きさを語っている。

マスコミは言葉に責任を持たない。選手を持ち上げ、そして落としていく。

柳沢選手はコメントをしなかった。

それとは逆に、宮本選手はどんな状況でもコメントをした。

批判の乗り越え方は人それぞれだ。

どちらにしても、一部の人は建設的じゃない批判をするだろう。

中田選手は、過剰な報道・自分への批判により、感情が素直に出せなくなっていったと語っている。『健康じゃないですよね』と笑ったが、自然に笑えなくなるほど辛かったのではないかと思う。『何が本当の感情かわからなくなっていた』

だから、自分の熱い感情を隠す。(ヒデのサイトでは守ると書いてありますが)冷めた発言をしたり、代表とは無関係であるかのような発言をしたりした。

玉田選手も、2004年『絶対に代表に呼ばれ続けたいと思います!』と、

素直に自分の目標を語っていたのとは逆に、知名度が上がり人気と同様に批判が増えたと同時に、

『代表のことは考えていないです』等と、ファンとしては言って欲しくない言葉を口にするようになる。

そして、最近の言葉が玉田選手心情を物語る。

『何を言っても、ピッチでやるしかないから・・・』

選手は語ることを嫌がるようになる。夢も目標も、口に出せなくなってしまう。

だから、純粋にサッカーを楽しめなくなってしまう。

今、なぜここで書いたかというと、ブラジル戦のゴールがあり、J再開。

玉田選手の苦労が目に見えるから・・・

マスコミは、面白い記事を探している。

選手一つ一つのプレイや、言葉を大きく取り上げる。

私達はこれから、勝ったり負けたりする試合でも、マスコミ報道に揺れることなく、

事実を見つめていかなくてはならない。

2006年、まるでチームが不仲だったように言われたり、

意識が低いように言われたり。

でも、実際何を感じたかは選手のみしかわからない。

私達は見守る事だけ。現状を理解する事だけ。

オーストラリアを舐めていたのは、選手達ではない。マスコミだ。

必死にならない選手はいない。表現は違っても、レベルは違っても全力だった。

そのレベルを上げていくために日々の練習や経験が必要になる。

失敗する事だってある。

失敗は成功しない方法を学ぶためにある。

失敗を恐れていては成功はない。

選手はいつも、失敗の恐怖と戦う、勇気を持ってやっている。

選手は毎日が戦いだ。

だから、余計なエネルギーを使わせたくない。

オシムジャパン、負ける事だってある。強い相手と負ける為に戦う時もある。それを、理解しなければいけない。

マスコミ報道、もちろん結構である。私自身もマスコミ報道があるからこそサッカーを知る事が出来る。

ただ、自分の記事が売れる為に書いている、仕事の為の記事であることを忘れてはいけない。

ビジネスの為の記事だと言う事を忘れてはいけない。

事実がゆがんでいる事を理解したうえで、読まなくてはいけない。

そう、私達が信じた選手が殺されないために。

|

« FW陣に注目 | トップページ | 自分のプレイを! »

日本代表」カテゴリの記事

コメント

読ませてもらいました。私も「うん。うん。」とうなずけるところがたくさんありました!
玉田選手には、いつまでも、ずーっと・・・高い目標を持っていてもらいたいです!!!でも、第一に「サッカーを楽しむ」ということだけは、忘れないでほしぃ!!

明日の広島戦・・・玉は、ちょっと足を痛めていると言っていたので心配ですが、できれば頑張ってほしぃデス★

質問なんですが・・・
yurikaさんが見ているサッカーの番組を教えてもらえませんか?!私・・・見のがしてるのナイかが心配で・・・;お願いしますっ♪

投稿: ぁんみ☆ | 2006年7月18日 (火) 19時07分

>>あんみ☆様

コメントありがとうございます!
長い文章、読んでもらえました!(笑)
一人の選手を見続けるようになって、他の選手の事も知っていきます。
スポーツ選手って大変なんだって事も知っていきます。華やかな裏には人知れず、苦労が・・・。
頑張って、レベルアップしてほしいですよね!

私が見ているテレビ番組ですか!
ワールドカップについて?
普段の事かな?
普段のことを書くと
あんみ☆さんと変わらないか、皆さんより少ないかもしれませんけど(笑)

何より、福岡なので名古屋のTVはまず見れないのと、
BSしか見れないから試合はほとんど見れてないんですよ(苦笑)

私が見ているのは、『NHKのスポーツ番組』と(これは見るときと見ないときとあります)
欠かさず見てるのは、『やべっちFC』やべっちFCは選手の良い所を取り上げるから好き。

『ゲットスポーツ』もサッカーの時は必ずチェックですね。この番組は玉の事をきちんと取り上げてくれて、玉の言葉や、心情をリアルに伝えてくれるから好き。

あとは、『スーパーサッカー』は嫌いな番組なんだけど、情報入手のために見てます。
なぜ嫌いかは、このブログをさかのぼってももらうと分かるんだけど・・・今日書いた内容みたいな事かな。
番組を作る人の個人的感情が露骨に出すぎた番組だから(苦笑)まあ、好き嫌いは誰でもあるけど、メディアは映像や、言葉に責任を持たなくちゃいけません。

後は、何だろう・・・
『すぽると』や、『スポーツ魂』ですね、
録画してチェックしてますかね・・・
チェックしない日もあるけど(笑)
・・・凄い暇人でしょ!
ここに来てくれる人たちは学生さんだったりで、いろいろな事があると思うのですけど。
私はね、実は・・・やる事ないんです(笑)
金曜の、サッカー地球ってのは見てないな~


投稿: yurika | 2006年7月18日 (火) 19時47分

yurikaさんのサイトをリンク集に載せてもよいですか?
いよいよ明日!
私まで緊張してきました笑

投稿: ゆうゆ | 2006年7月18日 (火) 23時16分

>>ゆうゆ様

コメントありがとうございます!
リンク貼ってもらって良いですよ!(喜)
明日は、本当楽しみですけど、
ドキドキですね!
頑張って応援しなくっちゃ!

投稿: yurika | 2006年7月18日 (火) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37152/2704394

この記事へのトラックバック一覧です: 投稿二回目。『2006W杯を振り返って・・・私達ができる事』:

« FW陣に注目 | トップページ | 自分のプレイを! »