« 勝てない・・・ | トップページ | FW争い・2 »

グランパスのシステム

昨日の試合での、玉田選手の記事

今までは自由にやらせてもらったからやりやすかった。でも、今度は決まった戦術の中でどれだけ自分がやれるか・・・。以前玉田は、移籍時に言っていた。

う~~ん。玉田の実際ワントップや、藤田のフォワード起用・・・。

毎回役割が違うのは、怪我人がいるからだけなのか。

セフ監督の戦術が固定しているとは思えないのは私だけだろうか・・・。

とりあえず、豊田、鴨川が、怪我をしているからなのか・・・。

チームメイト角田選手も、玉田選手を、生かせていないとコメントしている。

そこで、思ってしまった。

チームメイトは、一緒に動いている玉田選手の特徴をつかみ、それを活かしたいと思っているが、実は監督が、玉田の特長とは違う要求をしているのではと。

決まった戦術の中で、自分がどれだけやれるか・・・。そう思い、気持ちが乗っていくよう精一杯頑張っている玉田選手。

監督。自分のやり方を守るのも戦術の一つだが、選手一人一人の特徴を理解し、それを、まとめ、組織化していくことがあなたの役割ではないのか・・・。

全てを押し付けてしまったら、プログラムにあることしか出来ないチームになってしまうのではないかと思う。

選手たちよ!どうか、ここで一つになって自分達のサッカーをしてほしい。

システムが変わっても、もう迷いはないぐらいに!

玉田圭司!自分らしいサッカーを!

|

« 勝てない・・・ | トップページ | FW争い・2 »

名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37152/1421673

この記事へのトラックバック一覧です: グランパスのシステム:

« 勝てない・・・ | トップページ | FW争い・2 »