« ドラゴン久保、やりますね~! | トップページ | FW争い。 »

11 玉田圭司 オフィシャルブックを読んで。

リンク: sony magazines | books&mooks.

11日に発売のはずが、もうすでに本屋に並んでいてあと一冊になっていた。

そしてその一冊をレジまで持って、買ってきました。

予約できなかったけど買えた・・・と心で喜びながら。

で、家に帰り一気に読んでしまった・・・・。で、感想を書きます。

ただ、まだ読んでない人がいると思うので、読んでから続きを見てください。個人的な感想文。

ざっと読んでしまったので、心に残ったことを書きます。

まずは、最初の玉田圭司という人間の熱い思い。それが伝わり前書きで、けっこう感動してしまいました。

そして、性格『器用じゃない』『素直』『負けず嫌い』いろいろな言葉が出てきたが、この25歳は、プロサッカー選手という立場に立ち、

いろいろな経験をつみ、たくさんの学びをしてきたのだと、つくずく感じた。

大好きなことを仕事にすることがどんなに大変か、想像は超えている。

でも、自分を信じ持続した人間は、淡々と、『サッカーは自分の人生』と語る。

最後に、なぜこの本を作ることを受けたかの質問に、

『あなたの本を作りたいって言われたから・・・・・僕は何かを語れるような人間じゃない・・・・・・れば、嬉しいと思います』(細かい文章は省きました本を買って読んでくださいね)

私は、さらにこの選手の魅力を感じ、応援しようと思いました。

あと一つ、結婚観で、私の心に響いたこと、それぞれの人生を大切にするって事。

2本の柱がまっすぐ立って、寄りかかってもいない。そして、二人の柱がもう一本立ってるって話。3本なら強いでしょって・・・。

・・・・心に響いていた、私は11年間仕事をしていて今は、主婦オンリー。

で、最近自分を見つけられなくて、抜け殻のようになっていた。

旦那に八つ当たりすることもあり、甘えていたことを思い出した。

自分の柱をまっすぐ立てようと思った。

そして、夫婦の柱も、追加すればいい・・・。旦那の柱もまっすぐと立ち、3本の柱で、支える。

なんてすばらしいのだろう、何かを忘れていた・・・。誰かに甘えていた、寄りかかっていた。過去に、主人に、両親に、世間に。

仕事を辞めて、自分を評価し、認められ、必要とされる場所から去り、自分自身が、わからなくなっていた。

この本をきっかけに、人はそれぞれ自分の柱をまっすぐ立てているんだと、学んだ。

いつか、子供が出来たとしても、子供の柱に寄りかかることなく、まっすぐ立つ手助けのみをし、見守ろうと思う。

なんだか、いろいろ考えさせられた本でした。

ただのミーハーと思われますが、スポーツ選手は、常に感動を与えてくれる。

玉田圭司という選手の魅力を十分味わえた本でした。

そして最後に一つ、

玉田圭司は、ワールドカップ出場と、活躍することが、現実になることを願い。応援し続けることを誓います。

|

« ドラゴン久保、やりますね~! | トップページ | FW争い。 »

玉田圭司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37152/1344888

この記事へのトラックバック一覧です: 11 玉田圭司 オフィシャルブックを読んで。:

« ドラゴン久保、やりますね~! | トップページ | FW争い。 »